ジェフ・ニコルズ監督最新作『Loving』予告編/異人種間結婚禁止法と戦った夫婦の物語

Loving cannes 2016 joel edgerton ruth negga

ジェフ・ニコルズ監督最新作『Loving』の予告編が公開! 肌の色を超えて愛し合う夫婦が異人種間結婚を禁止するヴァージニア州を訴える実話に基づいた物語

ジェフ・ニコルズ監督最新作『Loving』の予告編が公開されました。今年のカンヌ映画祭で上映され高評価を受け、年末からはじまるショーレースにも関わることが予想される作品。

最も新作が期待される若手映画作家のひとりジェフ・ニコルズの監督作はこれまで例外なく「父親」の物語だった。日本では未紹介の『Shotgun Stories』からマシュー・マコノヒー主演『MUD』、そして 筆者が今年鑑賞した映画では現時点でベストの『MIdnight Special』など父親の存在が映画内の重要な視点となっている。

そして最新作『Loving』もまた「父親」の物語となりそうだ。

まだ異人種間結婚禁止法が残っていたヴァージニア州で肌の色を超えて愛し合ったラビング夫婦をジョエル・エドガートンとルース・ネッガが演じ、様々な公的暴力にさらされるなか、ふたりは最高裁判所に州法の違憲性を訴える戦いに挑む。

本作でジョエル・エガートンが演じるのは、誰かの「父親」というだけでなく、現代アメリカそのものの「父親」像と言えるかもしれない。

共演はジェフ・ニコルズ作品には欠かせないマイケル・シャノン。これも絶対に見逃せない作品です。

ジェフ・ニコルズ監督作『Loving』は2016年11月2日に全米公開。

Loving poster ruth negga joel edgerton

この記事もチェック!
▶︎映画『ミッドナイト・スペシャル(原題)/Midnight Special』レビュー
▶︎Netflixドラマ『Stranger Things』の予告編「スピルバーグへのオマージュ」
▶︎トム・ハーディ主演のTVドラマ『タブー/Taboo』の予告編

<スポンサーリンク>

loving-cannes-2016-joel-edgerton-ruth-negga.jpeg

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です