映画レビュー|『ペンギンズ FROM マダガスカル ザ・ムービー』

The-Penguins-of-Madagascar-Movie-2.jpg

■ストーリー、後半■ ※ネタバレあり

デイブのペンギンへの逆恨みをしったペンギンたちだったが、”ノース・ウィンド(北風)”の隊長である狼のクラシファイド(声:ベネディクト・カンバーバッチ)は単独で作戦を遂行しようとしており、ペンギンズの力を必要としていなかった。もちろんそんなことにお構いなしのペンギンズは、輸送中の飛行機から脱走し、中国の上海に降り立つ。そしてそのこで、世界中の水族館や動物園からペンギンが誘拐される事件が発生していることを知る。

そしてデイブが次に上海の水族館を狙っていることを知ると、ペンギンたちは迎撃態勢を整える。しかしその最中、いつも可愛さばかりが褒められるプライベート(新人)は、自分がチームに必要なペンギンなのか深く悩んでいた。生粋のリーダーのスキッパー(隊長)や、頭脳明晰のコワルスキー、武闘派のリコに対し、プライベート(新人)はいつも彼らの後を歩くばかりだった。そしてこの機会に彼は活躍しようと張り切るも、結果、水族館のペンギンとともにプライベート(新人)もデイブにさらわれてしまった。

そして”ノース・ウィンド(北風)”とともにデイブの秘密基地に降り立ったスキッパー(隊長)らはプライベート(新人)救出の方法をめぐりクラシファイドと衝突するが、プライベート(新人)救出を第一に考えるスキッパーは、クラシファイドの作戦に加わることを決心する。

しかしその作戦も失敗し、”ノース・ウィンド(北風)”だけでなくペンギンズ一行もデイブの囚われとなるが、プライベート(新人)だけが脱出に成功し、彼は”ノース・ウィンド(北風)”を救う。しかし仲間のペンギンズたちはデイブに囚われのまま、それを浴びたものは外見が崩れるという恐ろしいメデューサ実験の餌食になろうとしていた。

そして最後の戦いの舞台はニューヨーク。孤立無援のなか、プライベート(新人)は世界中のペンギン、そして大切な仲間のためにまさに命をかけた戦いを挑むのだった。

The Penguins of Madagascar Movie  2

[pc]

<スポンサーリンク>[colwrap] [col2] [/col2] [col2] [/col2] [/colwrap]

[/pc]

[sp]

<スポンサーリンク>

[/sp]

ということで『劇場版 ザ・ペンギンズ from マダガスカル』のネタバレレビューでした。なお、今回のネタバレに関しては結末までは書きませんでした。本作はとにかく展開が早く文章で説明しようとするとかなり長くなってしまうからです。レビューでも書きましたが、対象年齢が低く設定されていることから、大人にはちょっと厳しいところもありますが、予告編などでも見られるようなエピソードの断片にはいくつもの爆笑ポイントがありますので、ファンは必見です。まあ、日本公開はなさそうですが、、、。

ページ:
1

2

▼この記事拡散希望中▼
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Fatal error: Uncaught Error: Call to undefined function wp_related_posts() in /home/beaglevoyage/beagle-the-movie.com/public_html/wp-content/themes/gorgeous_tcd013-2/single.php:45 Stack trace: #0 /home/beaglevoyage/beagle-the-movie.com/public_html/wp-includes/template-loader.php(75): include() #1 /home/beaglevoyage/beagle-the-movie.com/public_html/wp-blog-header.php(19): require_once('/home/beaglevoy...') #2 /home/beaglevoyage/beagle-the-movie.com/public_html/index.php(17): require('/home/beaglevoy...') #3 {main} thrown in /home/beaglevoyage/beagle-the-movie.com/public_html/wp-content/themes/gorgeous_tcd013-2/single.php on line 45