BEAGLE the movie

映画ジャーナル<ビーグル・ザ・ムービー>

【映画】近未来SFドラマ『マッド・ガンズ』レビュー ※ネタバレあり

young4.jpg

■ストーリー、後半■ ※ネタバレあり

そして荒野を捜索中に、自分のロボットを伴ったフレムを発見する。フレムを捕まえ縛り付けたアーネストだったが、脱水症状に陥ったフレムに水を与えてやっている時に、彼から石を投げつけられ、それが頭に命中、大量に出血した状態で気を失ってしまう。フレムは動けなくなったアーネストを運搬用のロボットに縛り付け、事故を装って、彼を殺してしまうのだった。

悲しみにくれるジェロームだったが、フレムはマリーと結婚し、感慨システムを構築し、アーネストに変わって家族を養うようになる。

しかしある日、壊れた運搬用ロボットが他に人の手に渡っていたことをジェロームが知る。そして新しいオーナーの元で修理されて運搬用ロボットと再会したジェロームは、そのロボットにカメラセンサーが搭載されていたことを知る。そしてそのセンサーを解析すると、あの日、父であるアーネストが死ぬことになった一部始終が記録されていた。

今では兄のような存在となっていたフレムだったが、ジェロームは父の死の真相を知り、彼への復讐を決意する。ある日、そのロボットともに交易にでたフレムは、くぼみに落ちて怪我をしてしまう。助けを呼ぶフレムの前に現れたジェロームは、手に持った銃でフレムを射殺し、全てを終わらせるのだった。

HToP7

というわけでジェイク・パルトロー監督作『マッド・ガンズ/Young Ones』のネタバレレビューでした。予告編を見る限りでは面白そうだったのですが、正直、期待はずれでした。マイケル・シャノンの無駄遣い映画です。とは言っても、アイデアそのものがダメな訳ではなく、ここまで西部劇とSFが合わさった映画も珍しいのも事実。だからこそもっとストーリー部分で頑張ってもらいたかったです。せっかくいい俳優を揃えているのに、ニコラス・ホルトの軽薄さ(役柄です)だけが目立つ結果となっています。終末映画のようで実は西部劇風という不思議な一本。日本公開は未定、というか、ないでしょうね。

[ad#ad-pc]

コメント

*
*
* (公開されません)

Return Top