リメイク版『フラッシュ・ゴードン』の監督にマシュー・ヴォーン起用か!?

1980年のカルトSF映画『フラッシュ・ゴードン』のリメイク作監督として『キックアス』のマシュー・ヴォーンで調整中と報じられる!

NewImage

20世紀フォックスによって計画されているカルトSF映画『フラッシュ・ゴードン』のリメイク作について、『キックアス』や『X-MEN/ファースト・ジェレネーション』のマシュー・ヴォーンと交渉中であると報じられた。

詳しい内容は公開されていないものの、白紙にされる前に『スタートレック3』の脚本の草稿作りに参加したJ・D・ペインとパトリック・マッケイが脚本に関わっており、マシュー・ヴォーンが監督に就任するとなれば相棒のジェーン・ゴールドマンも脚本に担当することになる見込みという。

『キングスマン:シークレット・サービス』が好評だったマシュー・ヴォーンが『フラッシュ・ゴードン』を監督するとなれば期待でいますが、オリジナルにあった「ユルい」雰囲気は消えてしまうのでしょうか。そして『TED』にも出演したサム・ジョーンズは果たして登場するのか。

続報を待ちましょう。

[pc] [ad#ad-pc] [/pc] [sp] [ad#ad-sp] [/sp]

参照記事:COLLIDER

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です