メキシコ湾原油流出事故を描く『バーニング・オーシャン』の日本公開が決定!

Deepwaterhorizonposter

マーク・ウォールバーグ&ピーター・バーグ監督作『Deepwater Horizon』が邦題を『バーニング・オーシャン』として2017年4月に日本公開!ポスターも解禁!!

『ローン・サバイバー』のマーク・ウォールバーグ&ピーター・バーグ監督コンビ最新作『Deepwater Horizon』が邦題を『バーニング・オーシャン』としてKADOKAWA配給にて2017年4月から全国公開されることが決定しました。

2010年4月20日、メキシコ湾沖約80kmの石油掘削施設「ディープウォーター・ホライゾン」が、海底油田より逆流してきた天然ガスの引火により大爆発を起こした。その後も未曾有の被害を出す大事故となり、施設だけでなく海上一面が火の海と化した。

海上で拡大する被害を食い止めようとする現場作業員と彼らの決死の脱出を壮大なスケールで描いた、実話に基づく海洋ディザスター映画の決定版。

メキシコ湾原油流出事故は、世界最大級の人災として環境に多大な影響を及ぼしたことと、その後ブリティッシュ・ペトロリアムをはじめとして日本の石油関連企業も巻き込んだ巨額賠償が話題の中心だったが、その爆発の現場にいた作業員たちの知られざるドラマが明かされる。

監督は『ローン・サバイバー』『バトルシップ』のピーター・バーグ

出演はマーク・ウォールバーグ、カート・ラッセル、ジョン・マルコヴィッチ、ジーナ・ロドリゲス、ディラン・オブライエン、ケイト・ハドソン

『ローン・サバイバー』、そして全米公開を控える『ペイトリオッツ・デイ(原題)』ではボストンマラソン爆破テロ事件を描くなど息のあった関係が続くマーク・ウォールバーグ&ピーター・バーグ監督のコンビ作であり、全米では高い評価を受けた作品。

施設内に閉じ込められた作業員126名の運命とは?

バーニング・オーシャン』は2017年4月に日本公開

『バーニング・オーシャン』ポスター

BurningOceanTeaserPoster

Photo credit David Lee

<スポンサーリンク>

deepwaterhorizonposter.jpg

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です