【タイ】バンコクで最新映画を日本より一足先に観る。【映画】

 日本人にとって最も海外旅行がしやすい国のひとつ、タイ。親日だし、日本食は至る所に根付いているし、観光客の多い国なので旅行者にも優しい。

 そんなタイで、ちょっと時間を持て余したときにおすすめなのが、映画鑑賞。

 まず値段が安い。

 タイの劇場システムは日本のように横並びのシステムではなく、各劇場によって独自の値段が設定されています。安いところで大体100バーツ(約330円)、高いところだとIMAX3Dで260バーツ(約800円)くらい。どちらにせよ日本よりもお得です。なお、劇場の多くはシネコン形式で、SF CINEMA系とMAJOR CINE系の二つが有力な劇場となっています。

2013 12 11 15 27 12

 下手すると本国アメリカより公開が早い!

 実はタイは世界でも最も公開が早く行われる国のひとつ。もちろん例外もたくさんありますが、作品によっては本国アメリカよりも早く公開されることもあります。
 その理由はタイが海賊版天国なこと。海賊版と言えば日本ではこっそりと売られているイメージですが、公開直後の映画の海賊版DVDがタイでは観光客に人気のデパートなどでも堂々と売られています。しかも値段が50バーツ〜ということでとても安い。これでは劇場公開はあがったりです。そこで海賊版が出回る前に公開することで、興行収入を守ろうとしているのです。

 日本映画もあります。

 タイでは日本の映画も時々公開されています。特に日本のアニメはかなりの劇場にかかっているようで、他にも過去には『るろうに剣心』や『三丁目の夕日』、また最近では『そして父になる』も大きな劇場で公開されています。タイで公開される外国映画のほとんどはタイ語字幕となりますので、英語が苦手な方は日本の映画を当たってみるといいでしょう。

 バンコクのオススメ映画館。

 一般の観光客がアクセスしやすい映画館と言えば、①MBK ②サイヤム・パラゴン ③ターミナル21 ④セントラル(伊勢丹) などが挙げられます。どこもBTSでアクセスできますし、ショッピングや食事と兼ねても行けます。ほかにも日本人の多いエカマイ駅近くや、戦勝記念塔近くなどバンコクにはたくさんの映画館があります。

 個人的にオススメなのは、サイアム・パラゴンの道を隔てて飯台側にある「Scala」と「Lido」の両シアター。シネコンとは違って昔の日本の映画館の雰囲気に近いものがあり、値段も100バーツと安い。それでも最新作映画を扱っているので、オススメです。

 バンコクでの映画鑑賞時の注意。

 タイの映画には本編前にかなり長い広告映像が入ります。下手すると30分近く、車やレストランのCMを延々と見せられることに。最近では劇場前に広告映像の時間を知らせる看板もあるので、時間を無駄にしたくない方はそれを計算にいれて劇場内に入りましょう。

 また本編前には必ず国王への敬意を表す短い映像が流されます。その際は、必ず起立するようにしましょう。

 各劇場でのタイムスケジュールを確認する。

 最後に主だった二系統のシネコンの上映スケジュールは前もってネットで確認しておきましょう。

 まずMBKやターミナル21などにあるSF Cinema系の上映スケジュール

  (www.sfcinemacity.com/index.php/en/movies/nowshowing/)

 そしてサイアム・パラゴンなどのMajor Cineplex系の上映スケジュール

    (www.majorcineplex.com/en/main/)

スポンサーリンク

 

<スポンサーリンク>

109000021_a_l.jpg

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です