リドリー・スコット、ニール・ブロムカンプ版『エイリアン5』は実現しないと語る!!

Alien

『第9地区』や『チャッピー』に続いて、『エイリアン5』の監督候補にも挙げられていたニーム・ブロムカンプだが、『エイリアン:コヴェナント』の公開が控えるリドリー・スコット監督がALLOCINEとのインタビューでブロムカンプ版『エイリアン5』の企画が完全に潰えたことを明かしました。

2015年1月、年明け早々にニール・ブロムカンプ監督が『エイリアン』のコンセプトアートを自身のSNSに公開し、積極的に『エイリアン5』を監督したい意向を示し、一時は期待感も高まっていたがその後はなかなか公式なアナウンスがなく、2015年末には監督自身が企画が暗礁に乗り上げてしまったことを明かしていた。

この件について、リドリー・スコットが真相を語っている。

実は脚本らしいものはなく、アイデアを10ページほどに詰め込んだだけだったんだ。私はプロデューサーでもあるが、FOXが採用しないことを決定したことで、私も掘り下げることをやめた

ということでニール・ブロムカンプ版『エイリアン5』はやはり頓挫していたようです。これまでニール・ブロムカンプ作品にはシガニー・ウィーバーが常連として出演しており、彼女も企画の実現を望んでいたようだが、幻のまま終わりそうです。

一時はマイケル・ビーンのカムバック案が示されるなどシリーズへの原点回帰に向かうと期待されたのですが、残念です。

それでも『エイリアン』シリーズは終わることなく、『プロメテウス』とオリジナル『エイリアン』との繋ぐ『エイリアン:コヴェナント』は全米2017年5月19日、日本では9月15日に公開予定です。

<スポンサーリンク>

alien.jpg