実写版『美女と野獣』からエマ・ワトソンが歌う「Something Threre」が公開!

Beauty and the beast movie image belle emma watson

ディズニー実写版『美女と野獣』から主役のベルを演じるエマ・ワトソンが歌う「Something Threre」が公開!

『シンデレラ』『ジャングル・ブック』と続く、ディズニー・クラシックアニメの実写化企画最新作となる『美女と野獣』からエマ・ワトソンが歌う劇中歌「Something Threre」の一部が公開されました。

1991年に公開されたオリジナルアニメ『美女と野獣』はアニメ映画史上初のアカデミー賞作品賞ノミネート作品であり、アラン・メンケンの作曲賞と、歌曲賞も受賞するだけあって、挿入歌も話題となっただけに、実写版でもその音楽には注目です。

エマ・ワトソンが歌う「Something Threre」


今回、その一部が公開された「Something Threre」は日本では「愛の芽生え」というタイトルで発表されている。

エマ・ワトソン主演で現代に蘇る実写版『美女と野獣』では『ドリームガールズ』や『トワイライト・サーガ』のビル・コンドン監督がメガホンをとり、共演はルーク・エヴァンズ(ガストン)、ジョシュ・ガッド(ル・フウ)、イワン・マクレガー(ルミエール)、イアン・マッケラン(コグスワース)、エマ・トンプソン(ポット夫人)、ケヴィン・クライン(モーリス)と超豪華。

近年の新しいディズニープリンセス像の決定版となることが期待される実写版『美女と野獣』は2017年3月17日に全米公開、日本では2017年4月21日公開予定

<スポンサーリンク>

beauty-and-the-beast-movie-image-belle-emma-watson.jpg

1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です