ディズニー実写版『ライオン・キング』の公開日が2019年7月に決定!

Lionking

『美女と野獣』が日本でも大ヒットする中、次なるディズニーの大ヒット確実作品実写版『ライオン・キング』の全米公開日が決定しました。

『ジャングル・ブック』で動物世界を見事に描き切ったジョン・ファブローがメガホンを取る予定の実写版『ライオン・キング』は2019年7月19日に全米公開となります。

実写版『ライオン・キング』では声優として主人公シンバ役に『オデッセイ』『スパイダーマン:ホームカミング』そしてハン・ソロ主役の『スター・ウォーズ』スピンオフなど超話題作への出演が続くドナルド・グローヴァーが起用され、オリジナルアニメ同様にムファサ役はジェームズ・アール・ジョーンズが担当する。

またヒロインのナラ役にはビヨンセの起用も検討されている。

実写版『ライオン・キング』では『キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン』や『ターミナル 』のジェフ・ナサンソンが脚本を担当。

現在『美女と野獣』は全世界で10億ドルを突破するメガヒットを記録中だが、原作アニメーションの実績では長くアニメ界最大のヒット作であり、現在でもアニメ映画史上歴代3位(インフレ調整なし)の記録を持つ『ライオン・キング』の方が高く、サウンドトラックの売り上げは全世界で1500万枚も突破し、セルビデオの売り上げでも世界一の記録を保持している。

それだけに大ヒットは確実で、人気実績ともに申し分ないジョン・ファブローの手腕にも期待が集まる。

話題作が途切れないディズニーの快進撃がまだまだ続きそうです。

実写版『ライオン・キング』は2019年7月19日に全米公開です。

<スポンサーリンク>

lionking.jpeg