ジェームズ・ガン、『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー3』でも監督・脚本を務めることを明言!

Guardians of the galaxy 2 behind the scenes image chris pratt james gunn

『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー: リミックス』の全米公開が迫る中、監督ジェームズ・ガンがフェイスブック上で、シリーズ3作目となる『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー3』でも監督・脚本を引き続き担当し、これまで以上にMCUに関与していくことを明かしてくれました。

(これから本格化するプロモーションに際し)プレッシャーはなかった?とか、カート・ラッセルやスタローンと仕事した気分は?とか、たくさんの質問を受けるだろう。(中略)中でも、『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー3』はどうなるの?という質問が多くなりそう

と前置きし、これまでのハリウッドでは三部作の最終作は不人気になる傾向がありガン監督もその難しさを理解した上で、金のためでも他の誰かのためでもなく、自分自身が必要とするからこそ「(次作も)監督する」ことを宣言してくれました。

ジェームズ・ガンはこれまで『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー3』の制作は確実と語りながらも、また自分が監督を務めるのかについては明言を避けていたが、これでそのモヤモヤも晴れることになりました。

長い間、熟考を重ね、そして答えに行き着いた。この本心をまだ隠しておくこともできたけど、ガーディアンズ=バースを愛するファンとこの想いを共有したかった。だから僕は『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー3』でも監督と脚本を担当するよ

また他のMCU作品との関わりも深くなっていくことを踏まえ、MCUの次なる10年に深く関与する予定も明かしてくれています。

一時は『アベンジャーズ』のジョス・ウェドン同様に大作映画への疲れからか、MCUから撤退するのではとも噂されていたジェームズ・ガンですが、やはり彼なしに『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー3』は成立しないということでしょうか。

ジェームズ・ガン監督最新作『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー: リミックス』は2017年5月5日全米公開、日本では5月12日に公開です。

<スポンサーリンク>

guardians-of-the-galaxy-2-behind-the-scenes-image-chris-pratt-james-gunn.jpg