2014年版『ゴジラ』の初期段階のコンセプトアートが公開!

現在全米で大ヒット中、日本公開は7月25日の2014年版『ゴジラ』の初期段階のコンセプト・アートの数々が公開されました。やはりゴジラの造形が完成するまでには様々な試行錯誤があったようで、他の候補のイメージもあります。

関連記事:2014年版『ゴジラ』レビュー ※ネタバレ、ストーリー解説あり
関連記事;7月25日公開『ゴジラ』の最新情報

▼初期段階のコンセプト・アート▼

NewImage NewImage NewImage NewImage NewImage NewImage NewImage NewImage NewImage NewImage NewImage NewImage NewImage

ゴジラの様々なイメージも興味深いですが、個人的には映画では全く採用されていないゴジラが氷付けにされているイメージが気になりました。ギャレス監督のインタビューでは、今回の『ゴジラ』に採用されなかったアイデアは次回作に使われるかもしれないと語っていましたので、興味は尽きません。

実は本作は色々とカットされてしまったシーンがあることも有名で、例えば早くからカメオ出演が決まっていた宝田明登場のシーンも本編ではカットされていたし、公開前にお披露目されていたクリップ映像にも本編には出てこないものが多数ありました。

全米公開がはじまってもまだまだ楽しめる『ゴジラ』です。

<スポンサーリンク>

参照記事:SCIFIED

NewImage.png

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です