実写版『ライオン・キング』ヒロインのナラ役の筆頭候補はビヨンセ!

Nala and Simba TLG

ディズニーによる実写版『ライオン・キング』について、ヒロインのナラ役声優の筆頭候補として歌手のビヨンセの名前が挙がっていることをVarietyが伝えています。

関係者が語ったところでは、実写版『ライオン・キング』の監督に決定しているジョン・ファブローがビヨンセの起用を熱望しているとされる。

しかし現在双子を妊娠中のビヨンセは契約にサインするまでには至っていない。

実写版『ライオン・キング』では同じくディズニーの実写企画『ジャングル・ブック』を大成功させたジョン・ファブローがメガホンを取り、最先端のパフォーマンスキャプチャーとCGI技術を活用し、個性豊かな動物たちをいきいきと描くことになる。

すでに主人公シンバ役には俳優、脚本家、ラッパー、コメディアンとしてマルチに活躍するドナルド・グローバーに決定。驚異的な人気を誇るテレビシリーズ『Atlanta』で大ブレイクを果たし、『オデッセイ』、『スパイダーマン:ホームカミング』、そして若き日のハン・ソロ主役の『スター・ウォーズ』スピンオフ作品と話題作への出演が続くことになる。

また1994年のオリジナルアニメで王ムファサの声を担当したジェームズ・アール・ジョーンズが再び同役を演じることも決定している。

ドナルド・グローバーとビヨンセのカップリングが期待される実写版『ライオン・キング』では、何らかの形で最新のVR技術が採用される可能性も指摘されていて、もしかすると第二の『アバター』となる可能性も。

楽しみですね。

<スポンサーリンク>

Nala_and_Simba_TLG.jpg

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です