アーミー・ハマー、『コードネーム U.N.C.L.E.』続編企画が進行中であることを明かす!

The man from uncle movie image armie hammer henry cavill

ガイ・リッチー監督が1960年代にアメリカや日本で放映されたテレビドラマ『0011ナポレオン・ソロ』を映画リメイクした『コードネーム U.N.C.L.E.』の続編の可能性について、主演のアーミー・ハマーがColliderとのインタビューで語ってくれました。

曰く、すでに脚本の執筆が開始されたようです。

『コードネーム U.N.C.L.E.』続編企画が始動!

ガイ・リッチー監督作『コードネーム U.N.C.L.E.』(2015)にはCIAエージェントのナポレオン・ソロ役でヘンリー・カヴィル、KGBエージェントのイリヤ・クリヤキン役でアーミー・ハマー、そしてギャビー役でアリシア・ヴィキャンデルが出演したスパイ映画。特にナポレオン・ソロとイリヤ・クリヤキンの不思議な関係性に注目が集まり、日本ではスマッシュヒットを記録。

一方で7500万ドルの制作費に対して全世界の興収は約1億ドルに止まり、興行的には苦戦を強いられた。

それでも一部のファンからは根強く支持されており、続編への期待が寄せられていた。

そんな中、『フリー・ファイアー』のプロモーションでColliderとのインタビューに答えたイリヤ・クリヤキン役でアーミー・ハマーが『コードネーム U.N.C.L.E.』の続編企画がすでに進行中であることを明かしてくれました。

先日、プロデューサーでもあり脚本家でもあるライオネル・ウィグラムに『コードネーム U.N.C.L.E.』の続編について聞いたんだ。そこで、続編脚本の執筆をそろそろはじめないとあんたの自宅に忍び込んで車のタイヤに画鋲仕込んである、と脅してやったんだ。そしたら、分かってるよ、今やってる最中だよ、クソッタレが、今ちょうどはじめようとしてるんだよ、と返ってきた。よっしゃー、て感じだったね

と言うことで『コードネーム U.N.C.L.E.』続編企画が進行中であることが判明しました。

ガイ・リッチー監督は『キング・アーサー 聖剣無双』の日本公開が2017年6月17日に控え、他にもディズニーの実写版『アラジン』のメガホンを取ることも噂されているが、『コードネーム U.N.C.L.E.』の続編にも期待です。

<スポンサーリンク>

the-man-from-uncle-movie-image-armie-hammer-henry-cavill.jpg