全米Box Office(6/23-25):『トランスフォーマー/最後の騎士王』が4530万ドルで初登場首位獲得!

Transformer

6/23-25の最新全米Box Officeは『トランスフォーマー/最後の騎士王』が4530万ドルで初登場首位獲得も、、

マイケル・ベイ監督による大ヒットシリーズ最新作『トランスフォーマー/最後の騎士王』が4530万ドルのデビューで初登場首位を獲得しました。

2007年から始まったマイケル・ベイ監督による『トランスフォーマー』シリーズの中では、最低の興収スタートとなり全米のファン離れは顕著になるも、全米以外の国と地域では公開わずか5日間で1億9620万ドルを稼いでおり、全世界では2億6529万ドルに到達。

特に『トランスフォーマー』が大好きな中国をはじめ、トルコ、インドネシア、ウクライナではシリーズ最高の出足を記録しています。特に中国では7200館で公開され1.23億ドルを記録、その他にも韓国やロシアでも好調なスタートを見せた。

一方で全米では前作『トランスフォーマー/ロストエイジ』で記録した1億ドルのオープニング記録の半分にも満たないスタートになり、『トランスフォーマー』のアメリカ離れは顕著に。

以前から指摘されていましたが、『トランスフォーマー』の主要マーケットはもうアメリカではないことははっきりしました。

あと、批評家からの反応は相変わらず最低ですが、興行にはさほど影響はなさそうです。

『トランスフォーマー/最後の騎士王』は日本では2017年8月4日に公開です。

2位は2517万ドルで『カーズ/クロスロード』

先週首位だったピクサー最新作『カーズ/クロスロード』は2517万ドルで2位にランクダウン。先週から53%のダウンとなり全米累計では1億ドル突破も目前となりました。

しかしピクサーの人気シリーズ最新作としては控えめな公開二週目となり、3位から猛追を受けている状況です。

『カーズ/クロスロード』は日本で2017年7月15日公開予定です。

3位はほぼ同額で『ワンダーウーマン』が猛追

実は今週最大のサプライズとは『トランスフォーマー/最後の騎士王』ではなく、2位と同額となる2517万ドルで上位を脅かす『ワンダーウーマン』のタフさです。

公開4週目ながらも先週から40%弱の落ち込みに抑え、全米では累計で3億1838万ドルを記録。女性監督作品としては史上最高興収を達成しました。そして公開4週目の記録としてはDCEUの『バットマン vs スーパーマン』を上回り、すでに『マン・オブ・スティール』の全米興収も抜き去っています。

『ワンダーウーマン』の日本公開は2017年8月25日です

4位から10位まで

4位、『47 Meters Down』

5位、『All Eyez on Me』

6位、『ザ・マミー/呪われた砂漠の王女』

7位、『パイレーツ・オブ・カリビアン 最後の海賊』

8位、『Rough Night』

9位、『Captain Underpants: The First Epic Movie』

10位、『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス』

参照:Box Office Mojo

ということで『トランスフォーマー』公開で夏到来という感じですね。今週末には『怪盗グルー』シリーズ最新作や、エドガー・ライト監督作で絶賛集中の『ベイビー・ドライバー』も公開されますので注目です。

<スポンサーリンク>

transformer.jpg