『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』の全米公開初日の成績は映画史上歴代2位!

『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』の全米公開初日の収益は先行上映分を合わせて8446万ドルの歴代2位の好発進を記録!最大の敵は映画ではなく、ボクシングか!?

NewImage

全米で5月1日にとうとう公開された『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』。ここから近年稀に見る話題作揃いの2015年映画夏の陣が始まります。その先陣を切った『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』の公開初日の収益が、前日夜からの先行上映と合わせて8446万ドルだったことが判明しました。この記録は映画至上歴代2位で、前作『アベンジャーズ』も上回り、マーベル史上でももちろん1位です。歴代1位の『ハリー・ポッターと死の秘宝 part2』の9100万ドルには及びませんでしたが、2012年におきた『ダークナイト・ライジング』上映での銃乱射事件以降、先行上映が縮小傾向にあることを考えると大健闘と言えます。

ディズニーは公開初週末で2.1億ドルほどを狙っているとのことで、予想レンジでは最高で2,25億ドルほどまで膨れる可能性もあります。

『アベンジャーズ2』の快進撃を止められる映画は見当たりませんが、唯一の懸念材料は現地土曜日夜に開催される史上最も注目を浴びるメイウェザー対パッキャオのボクシングゲーム。これがどこまで影響してくるのかは全くの未知数です。

公開初週末で軽々と2億ドルを超えてくるようなら、『タイタニック』や『アヴァター』超えも見えてきます。

ちなみに一足早く『アベンジャーズ2』を見てきましたが、なかなか素晴らしかったです。

[pc]

<スポンサーリンク>

[/pc] [sp]

<スポンサーリンク>

[/sp]

参照記事:COLLIDER

NewImage.png

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です