デイヴィッド・グラン原作『ロスト・シティZ』に『パシフィック・リム』のチャーリー・ハナムが主演へ!

デイヴィッド・グラン原作『ロスト・シティZ~探検史上、最大の謎を追え』の映画化作品に『パシフィック・リム』のチャーリー・ハナムが主演へ!

NewImage

冒険ノンフィクションの傑作デイヴィッド・グラン原作『ロスト・シティZ~探検史上、最大の謎を追え』の映画化作品にチャーリー・ハナムがセットされたことが公式に発表された。

本作は出版直後から話題となり、ブラッド・ピットが映画化権を取得し自身が主演することで話は進むも、その後はタイトルは似ているが中身は全く別の『ワールド・ウォーZ』の方に主演し、企画自体が停滞していたのだが、再び動き出すこととなった。

以前は主演にベネディクト・カンバーバッチが決定したと伝えられるも結局それも流れ、チャーリー・ハナムに落ち着いた格好だ。

原作あらすじ:インディ・ジョーンズのモデルともなった伝説のイギリス人探検家パーシー・ハリソン・フォーセット。かつてエルドラードと呼ばれた南米の幻の都市Zの存在を確信した彼は、1925年の遠征で、アマゾンの奥地へと消えたまま二度と戻らなかった。果たしてフォーセットは生きているのか? そしてZは存在するのか?その謎を解くべく様々な人物がアマゾンへと旅立っていったが、殺人的に過酷なアマゾンの自然と侵入者に敵対的な先住民インディオの手によって命を落とした人の数は、これまで100人を下らないという。「20世紀探検史上、最大の謎」と呼ばれ、世界を熱狂させたこの冒険に、今ふたたび著者が挑む!     via AMAZON

伝説的な冒険家の物語と、交互に挿入される「ヘタレ」ジャーナリストの冒険との対比が、原作の魅力のためどのように映画化されうのか非常に興味がある。なお冒険家フォーセットを演じるのがチャーリー・ハナムで、他にもシエナ・ミラーやロバート・パティンソンが出演。

この夏には製作が開始される予定。

参照記事: COLLIDER

<スポンサーリンク>

NewImage.png

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です