『スカーフェイス』リメイクは脚本をコーエン兄弟がリライトし2018年8月公開決定!

Coen brothers oscar image

『スカーフェイス』リメイク脚本をコーエン兄弟がリライト!

ハワード・ホークス監督の『暗黒街の顔役』(32)、そしてブライアン・デ・パルマ監督作、アル・パチーノ主演『スカーフェイス』(83)の最新リメイク作の脚本をコーエン兄弟がリライトすることが判明しました。

ユニバーサルが進める『スカーフェイス』リメイク脚本は、当初は『フェイク』の脚本家ポール・アタナシオと『フューリー』の監督デヴィッド・エアーが担当。後に『ストレイト・アウタ・コンプトン』のジョナサン・ハーマンが雇われ、続いて『ウルフ・オブ・ウォールストリート』のテレンス・ウィンターが加わるなど、なかなか最終稿に着地していなかった。

コーエン兄弟というビッグネームの介入で、『スカーフェイス』リメイクの全米公開日は2018年8月10日に設定。

一方で企画からアントワン・フークア監督が降板し、監督は未定状態。

【関連】アントワン・フークア監督が『スカーフェイス』リメイクから『イコライザー2』優先のため降板!

監督選びも脚本同様に難航しており、2013年にはデヴィッド・イエーツが、2014年には『NO』のパブロ・ララインが、そしてその後はアントワーン・フークアが監督に決定するもいずれも降板することになっている。

なおTHRの報道では最新の監督候補として『最後の追跡』のデヴィッド・マッケンジー、『ローン・サバイバー』 『バーニング・オーシャン』のピーター・バーグの名前が監督候補筆頭として挙げられている。

また新リメイク『スカーフェイス』ではロサンゼルスを舞台にメキシコ系移民を主人公とする予定で、主人公役には『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』のディエゴ・ルナが起用される見込みだという。

[pc]

<スポンサーリンク>[colwrap] [col2] [/col2] [col2] [/col2] [/colwrap]

[/pc]

[sp]

<スポンサーリンク>

[/sp]

▼この記事拡散希望中▼
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Fatal error: Uncaught Error: Call to undefined function wp_related_posts() in /home/beaglevoyage/beagle-the-movie.com/public_html/wp-content/themes/gorgeous_tcd013-2/single.php:45 Stack trace: #0 /home/beaglevoyage/beagle-the-movie.com/public_html/wp-includes/template-loader.php(75): include() #1 /home/beaglevoyage/beagle-the-movie.com/public_html/wp-blog-header.php(19): require_once('/home/beaglevoy...') #2 /home/beaglevoyage/beagle-the-movie.com/public_html/index.php(17): require('/home/beaglevoy...') #3 {main} thrown in /home/beaglevoyage/beagle-the-movie.com/public_html/wp-content/themes/gorgeous_tcd013-2/single.php on line 45