映画版『アンチャーテッド』、トム・ホランドが若きドレイク役で主演か!?

Uncharted 2

2010年以来、ソニー・ピクチャーズが苦労していた人気ゲーム『アンチャーテッド』の映画化企画に新しい動きがありました。

Deadlineの報道によると、ソニー・ピクチャーズは自社の人気コンテンツでもある『スパイダーマン』で新たなピーター・パーカーを演じるトム・ホランドが、映画版『アンチャーテッド』に若きドレイク役で主演するという。

『アンチャーテッド』シリーズはトレジャーハンターのネイサン・ドレイクを主人公にしたアクションアドヴェンチャー・ゲームでシリーズ世界累計出荷数が2000万本を超える世界的人気のコンテンツ。

ソニーは2010年から映画化企画を始動するも長く停滞状態が続き、2016年より製作が本格再開。監督に『リアル・スティール』のショーン・レヴィが決定、ジョー・カーナハンが執筆した脚本も完成している。

長く映画版『アンチャーテッド』では2007年に発売されたゲーム『アンチャーテッド エル・ドラドの秘宝』をベースすると言われてきたが、報道によると主演起用が決定したとされるトム・ホランドは若き日のドレイク役を演じとされており、ゲーム版の前日譚のような作品になる可能性もある。

Young drake

トム・ホランドは大ヒット確実の『スパイダーマン:ホームカミング』の公開が2017年7月7日に迫っており、他にもベネディクト・カンバーバッチ主演『The Current War』にも出演するなど若きスター候補として将来を嘱望されている。

近年は数多くのゲーム作品の映画化が企画されるも、実現した作品の中には興行的に苦しむ場合も多く、ソニーとしては映画版『アンチャーテッド』成功のために若者に人気のトム・ホランドの起用に踏み切った模様です。大人のドレイクのぼやき姿は好きなファンにはちょっと肩透かしかもしれませんが、若きドレイクの冒険譚も見逃せません。

新『スパイダーマン』のトム・ホランドは本当に若き日のドレイクを演じるのか?

公式発表が待たれます。

なおゲーム版ではドレイクが主人公ではない新作『Uncharted The Lost Legacy』の発売が今年中に予定されている。

<スポンサーリンク>

uncharted-2.jpg