人気ゲーム『ジャストコーズ』を『アクアマン』ジェイソン・モモア主演で映画化!

Just cause 2

ゲーム『ジャストコーズ』がジェイソン・モモア主演で映画化!

2006年から発売されるアクションゲーム『ジャストコーズ/Just Cause』が『アクアマン』ジェイソン・モモア主演で映画化されることが決定的になったとDeadlineが報じています。

DCEUでは『アクアマン』を演じるジェイソン・モモアが主人公リコ・ロドリゲス役での主演にサインしており、映画化作品のメガホンを取るのは『カリフォルニア・ダウン』のブラッド・ペイトン監督を予定。

ゲームでは中南米の小国でクーデターが起き、誕生した軍事政権の崩壊のために同国に派遣されたエージェントの活躍を描いており、映画版でもその流れに準じるものと思われる。またリコ・ロドリゲスが主人公ということでシリーズ最新作『ジャストコーズ3』をベースしている可能性も。

近年はゲーム原作の映画が「一見さん向け」と「ファン向け」という二方向に引きずられる形で失敗する傾向が続く中、映画版『ジャストコーズ』はどうなるでしょうか。

<スポンサーリンク>

just-cause-2.jpg