リチャード・リンクレイター監督最新作『Last Flag Flying』予告編が公開!

Last flag flying bryan cranston steve carell laurence fishburne 1

『6才のボクが、大人になるまで。』『エブリバディ・ウォンツ・サム!!』のリチャード・リンクレイター監督最新作『Last Flag Flying』の予告編が公開されました。

作品の舞台は2003年。ベトナム戦争から30年後に再会した帰還兵3名の過去の現在を描く

ベトナム帰還兵を演じるのはブライアン・クランストン、スティーヴ・カレル、ローレンス・フォッシュバーンの3名。

スティーヴ・カレル演じる帰還兵の息子がイラク戦争に従軍し死亡。その彼をアーリントン墓地に埋葬するのを拒み、棺をニューハンプシャーの自宅に持ち帰るために集まったかつての仲間たち。それぞれの胸のはベトナムから現在に続く過去が去来する。

本作はダリー・ポニックサンがジャック・ニコルソン主演『さらば冬のかもめ』(1973)の続編として執筆した同名小説を原作としているが、映画では役名は引き継いでいない。

『Last Flag Flying』予告編

リチャード・リンクレイター監督作ということで良作保証作品。

リチャード・リンクレイター監督最新作『Last Flag Flying』は2017年11月3日に全米限定公開。オスカー戦線への関与が期待される一作です。

<スポンサーリンク>

last-flag-flying-bryan-cranston-steve-carell-laurence-fishburne-1.jpg