ピクサー最新作『インサイド・ヘッド』の最新予告編が公開!冒険の舞台は頭のなか!

ピクサー最新作『インサイド・ヘッド』の最新予告編が公開!11歳の女の子の5つの感情を擬人化した内容となり、2015年7月18日に日本公開予定!

NewImage

『カールじいさんの空飛ぶ家』の監督であるピート・ドクターによるピクサー最新作『インサイド・ヘッド』の最新予告編が公開されました。本作の舞台は11歳の少女の頭のなか。多感な少女の外からは見えない感情の「ぶつかり合い」を描く本作、おもしろそうですよ。

▼『インサイド・ヘッド』最新予告編▼

「恐怖」、「怒り」、「喜び」、「いらだち」、「悲しみ」の5つの感情それぞれを擬人化したキャラクターとして描く本作。物語は生まれ育った場所から引越しすることになった少女が、その環境の変化のなか、頭のなかの感情たちが暴れだす、というもの。

日本公開も2015年7月18日公開が既に決定している。ディズニーとは一味違った、ピクサー印のアニメとなりそうです。

<スポンサーリンク>

参照記事:COLLIDER

NewImage.png

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です