ヒュー・ジャックマン最後のウルヴァリン『ローガン(原題)/Logan』の予告編が公開!

The wolverine 3 logan movie villain has been revealed but who is he exactly

ヒュー・ジャックマンがウルヴァリンを演じる最後の作品『ローガン(原題)/Logan』の予告編が公開! 「世界はすっかり変わってしまった。ミュータントはみんないなくなってしまった」

『X-MEN』のスピンオフにしてヒュー・ジャックマンが演じる最後のウルヴァリン映画『ローガン(原題)/Logan』から待望の予告編が公開されました。噂通りにダークなトーンで、ヒュー・ジャックマン演じるウルヴァリンことローガンと、パトリック・スチュワート演じるプロフェッサーXの両者の「老い」が衝撃的な内容になっています。

そしてローガンがプロフェッサーXに呟く「世界はすっかり変わってしまった。ミュータント、彼らはみんないなくなってしまった」というセリフが意味するところとは?

ボイド・ホルブルック演じる本作のヴィランのドナルド・ピアースも登場。原作コミックスではX−MENに敵意を燃やすサイボーグチーム「リーヴァース」を率いるサイボーグ超人。

そして本作の鍵を握る「ローガンにそっくり」だという謎の少女(シエナ・ノヴィコフ)。彼女はやはりウルヴァリンのクローン「X-23ことローラ・キニー」なのでしょうか?

『X-MEN:アポカリプス』のポスト・クレジットシーンからもナザニエル・エセックスこと「ミスター・シニスター」が、そして彼が関わる「エセックス・コープ」が『ローガン(原題)/Logan』には登場することが判明しているが、異端の生物学者でもある「ミスター・シニスター」を誰が演じるのかは未だ不明

ストーリーに関しては不明な点も多いが、このダークで厭世的な雰囲気はウルヴァリンの最後にこそふさわしいと思います。

「ヒュー・ジャックマン=ウルヴァリン」最後の作品『ローガン(原題)/Logan』は2017年3月3日に全米公開。これは注目です。

<スポンサーリンク>

【この記事もチェック!】
▶︎ヒュー・ジャックマン最後のウルヴァリン『ローガン(原題)』から告知動画と写真が公開!
▶︎最後のウルヴァリン映画『ローガン(原題)』からR指定画像が公開!
▶︎モノクロ版『マッドマックス/怒りのデス・ロード』の映像が公開!!

the-wolverine-3-logan-movie-villain-has-been-revealed-but-who-is-he-exactly.jpg

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です