トム・ハーディが不屈の探検家アーネス・シャクルトンの伝記映画に主演か!?

Maxresdefault

トム・ハーディが「エンデュアランス号漂流」で有名な伝説的探検家アーネスト・シャクルトンの伝記映画に主演か!?

時に「成し遂げた者」よりも「成し遂げられなかった者」の方が強い魅力を発する場合がある。アーネスト・シャクルトンとはまさにそんな人物。

20世紀初頭に活躍した探検家アーネスト・シャクルトンは、ライバルでもあり南極点に到達したロバート・スコットとは違い長い間世間から忘れ去られた存在だったが、「エンデュアランス号漂流」の顛末が明らかになることでその不屈の精神と激烈なサバイバル経験が再評価され、現在では彼のリーダーシップは様々な分野から賞賛の的となっている。

1914年、大英帝国からの援助を受けてアーネスト・シャクルトン船長を筆頭とする帝国南極大陸横断遠征隊が乗ったエンデュアランス号が出航した。しかし南極付近で厚い流氷に閉じ込められたエンデゥアランス号はそのまま春になるまで身動きが取れなくなり、やがて流氷の圧力によって船は沈没。隊員らは厳しい氷のうえでのサバイバルを余儀なくされる。そこからシャクルトンは比類ないリーダーシップを発揮し、様々な困難に打ち勝ちながら、乗組員全員が生き延びた。

このストーリーはこれまでも映画化の 試みがなされているが実現には至っておらず、今回スタジオカナルが製作に動きはじめ、主演となるシャクルトン役にトム・ハーディが期待されているとDeadlineが報じた。脚本は『裏切りのサーカス』や『FRANK -フランク-』のピーター・ストローンが担当するという。

トム・ハーディはクロストファー・ノーラン監督最新作『ダンケルク』にも主演。戦争と探検という違いはあれど、海での生存をかけた戦いの物語。

これは是非とも実現して欲しい企画です。

<スポンサーリンク>

【この記事もチェック!】
▶︎トム・ハーディが戦争写真家ドン・マッカランの自伝的映画に主演!
▶︎トム・ハーディ主演のTVドラマ『タブー/Taboo』の予告編「血と、反逆と、家族の闇」
▶︎クリストファー・ノーラン監督最新作『ダンケルク(原題)』の日本版特報が公開!

maxresdefault.jpg

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です