映画『ダンケルク』「ゴーグル要らずの究極映像体験」に迫るメイキング映像が公開!

BB 00015MSG 1

2017年9月9日に日本公開が迫ったクリストファー・ノーラン監督最新作『ダンケルク』から70mmフィルム上映による映像体験に迫るメイキング映像が公開されました。そして日本でも35mmフィルム上映による期間限定上映も決定

全世界63ヶ国で初登場首位を記録し、アカデミー賞の有力候補の一つと目される映画『ダンケルク』。

『ダークナイト』『インセプション』『インターステラー』と新作ごとに観客を驚かせてきたノーラン監督が、第二次大戦期に実行された史上最大の撤退戦を描くために、なぜ70mmフィルム上映にこだわったのか?

監督本人や関係者が語る「ゴーグル要らず、究極の映像体験」を可能にしたフィルムの意義とは?

「映画は劇場に行って鑑賞するもの。フィルムを使った理由は、映画を鑑賞するという体験の可能性を最大限に引き出したい」と昨今の配信による鑑賞スタイルと真っ向から対立するノーラン監督の哲学とは?

映画『ダンケルク』は大画面で見るべきだ!

『ダンケルク』メイキング映像


『インセプション』以来となる来日を果たすノーラン監督たっての希望により8月23日に丸の内ピカデリー(東京)で開催されるジャパンプレミアでは、特別に35mm本編フィルムで上映。さらにノーランの希望に応え、丸の内ピカデリーでは公開初日の9月9日~9月18日の期間限定、ミッドランドスクエアシネマ(名古屋)では9月23日~期間限定で35mm本編フィルムが決定した。

『ヘイトフル・エイト』でもそうだったが日本に70mmフィルム上映を実施できる場所がないことが悔やまれるものの、少しでも監督の意思に沿った映画体験を望むのなら、是非とも参加したいものです。

映画『ダンケルク』は2017年9月9日に日本公開です。

<スポンサーリンク>

BB-00015MSG-1.jpg