ジェニファー・ローレンス、クリス・プラット共演で企画されたSF映画が前進!

 『ジュラシック・ワールド』と『ハンガーゲーム』の共演!ジェニファー・ローレンスとクリス・プラット共演で企画されていたSFロマンス映画『パッセンジャーズ』が一歩前進!

NewImage

それもこれも『ジュラシック・ワールド』の前代未聞の爆発的ロケットスタートが少なからず影響していることは間違いありません。これまで主演二人の高額な出演料がネックとなり、企画もなかなか前に進まない状況だった恋愛SF映画『パッセンジャーズ』について、ソニー・ピクチャーズが前向きに検討していることがわかりました。

未来を舞台に、移住先の惑星までの恒星間航行中に自分だけ仮死状態から目覚めてしまったクリス・プラットは目的地に着くまでの90年間を宇宙船でたったひとりで過ごすことに。もちろんそんな寂しさをひとりで抱え込めるわけなく、彼はジェニファー・ローレンスを道ずれに仮死状態を解いてしまうのだった。

という内容の恋愛SF映画で、今からでもジェニファー・ローレンスにドヤされてオドオドしているクリス・プラットの顔が目に浮かびます。設定上ほとんどが二人芝居になることが予想されるも、ジェニファー・ローレンスの出演料が 2000万ドル(約24億円)で、クリス・プラットが1200万ドル(約15億円)となり、制作費が9000万ドルほどを予定していることを考えれば、俳優エンゲル計数はかなり偏っています。それでも今や最も観客を呼べる俳優となった二人をもってすれば、十分に回収可能と判断されたのでしょう。

まだ撮影が決定したわけではなく、さらなる製作費の切り詰めも必要とされるかもしれず、本当にこれが映像化されるのかまだわかりませんが、オリジナル脚本の映画ということで実現してほしい作品です。

今後も『ジュラシック・ワールド』の大成功が様々な余波を生み出しそうです。

[pc]

<スポンサーリンク>

[/pc] [sp]

<スポンサーリンク>

[/sp]

参照記事:COLLIDER

NewImage.png

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です