ロッキー新章第二弾『クリード2』は2017年11月公開か?

Creed-7-Ryan-Director-Ryan-Coogler-and-Michael-B.-Jordan.jpg

『クリード チャンプを継ぐ男』の続編となる『クリード2』が2017年11月に全米公開される可能性。一方でライアン・クーグラー監督はスケジュールの問題で継続は不可能との見方も。それでもとりあえず、スタローンのゴールデン・グローブ賞受賞に拍手!

『クリード2』は2017年11月公開か?

『クリード チャンプを継ぐ男』を製作したMGMの代表が語ったところとして、『クリード2』の公開を2017年11月に設定していることが判明した。まだ確定ではないものの、『クリード チャンプを継ぐ男』の公開から2年後には劇場公開したいという思惑があるようだ。

一方でこのスケジュール通りに続編が作られるとすると、『クリード チャンプを継ぐ男』の監督で原案者でもあり、事実上『ロッキー』新章のきっかけともなったライアン・クーグラーがメガホンを取ることが不可能といえる。というのも2018年にはマーベル作品の『ブラック・パンサー』を監督することが決定したからだ。

シルベスター・スタローンもインタビューのなかで続編でのライアン・クーグラーの続投は難しいとの見解を示していた。

[pc]

<スポンサーリンク>

[/pc] [sp]

<スポンサーリンク>

[/sp]

これまで『フルートベル駅で』と『クリード チャンプを継ぐ男』という2作だけを監督していながら、それらがどれも極上の映画であるという才能を見せつけているライアン・クーグラーが続編のメガホンを取らないというのは残念なことに間違いない。それでも『ロッキー』第1作のジョン・G・アヴィルドセン監督が、2作目以降はメガホンを取らなかったにも関わらず、5作目の『ロッキー5/最後のドラマ』に監督としてカムバックしたことを思えば、いつか『クリード』シリーズにライアン・クーグラーが帰ってくる可能性も否定できない。

スタローンが語ったところでは、『クリード2』は過去に戻りカール・ウェザーズ演じるアポロが登場する可能性もあるという。

参照:variety.com/2016/film/news/creed-sequel-release-date-1201677171/

Creed-7-Ryan-Director-Ryan-Coogler-and-Michael-B.-Jordan.jpg

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です