カンヌ映画祭女優賞作『モン・ロワ 愛を巡るそれぞれの理由』の日本公開が決定!

MON ROI main 2

第68回カンヌ国際映画祭で主演のエマニュエル・ベルコが女優賞を獲得した『Mon Roi』の邦題が、『モン・ロワ 愛を巡るそれぞれの理由』として2017年3月25日から日本公開されることが決定!

第68回カンヌ国際映画祭で主演のエマニュエル・ベルコが女優賞を獲得し、第41回セザール賞主要8部門にノミネートされ、本年度フランス映画祭で上映され高い評価を得た映画『Mon Roi』の邦題が、『モン・ロワ 愛を巡るそれぞれの理由』として2017年3月25日より全国順次公開されることが決定しました。

スキー事故で負傷した女性弁護士トニーが、リハビリに励みながら過去について振り返る。パリで運命的な再会を果たした男と女の恋愛と結婚、別れようとしても離れることができない情熱的な深い愛の絆。愛し合っているのに、なぜ男と女はすれ違うのかという永遠の問いを描く官能的な大人の恋愛映画。

本作でカンヌ国際映画祭女優賞を受賞したエマニュエル・ベルコは女優としてだけではなく、監督して送り出した『太陽のめざめ』では女性監督として史上2度目のカンヌ国際映画祭のオープニングフィルムに選ばれている。

また本作で彼女が心から愛したジョルジオを演じるのは『ブラック・スワン』や『ジェイソン・ボーン』などハリウッド映画でも活躍するヴァンサン・カッセル。

そしてメガホンをとるのは『パリ警視庁:未成年保護部隊』で第64回カンヌ国際映画祭審査員賞に選ばれた女性監督マイウェン。

『ベティ・ブルー 愛と激情の日々』『ポンヌフの恋人』に続く大人の恋愛映画『モン・ロワ 愛を巡るそれぞれの理由』は2017年3月25日よりYEBISU GARDEN CINEMA、ヒューマントラストシネマ有楽町ほかにて全国順次公開。

<スポンサーリンク>

MON ROI main

© 2015 / LES PRODUCTIONS DU TRESOR – STUDIOCANAL

 

MON_ROI_main-2.jpg

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です