ミラ・ジョヴォヴィッチ、『バイオハザード』最終章の撮影が8月に開始と明かす。

【どうでもいいニュース】ミラ・ジョヴォヴィッチが第二子妊娠のために延期されていた『バイオハザード』最終章の撮影が、8月には開始されると明かす。監督は「じゃない方」のポール・W・S・アンダーソン。

NewImage

第二子の妊娠と出産のために延期されていた『バイオハザード』最終章『レジデント・イーヴル:ファイナル・チャプター(原題) / Resident Evil: The Final Chapter』の撮影が8月から開始されることを、主演のミラ・ジョヴォヴィッチが自身のFacebook上で明かした。

一人目の時よりも太らなったことを誇りたい気分だわ。だって8月から『レジデント・イーヴル:ファイナル・チャプター(原題) / Resident Evil: The Final Chapter』の撮影も始まるし、育児もこなさないといけないから。

ということで監督はミラの夫でもあるポール・W・S・アンダーソン。同じポール・アンダーソンでも、こっちは情緒もへったくれもない方です。

このシリーズもなんやかんやで暇な時に見てしまうんですよ。ミラ・ジョヴォヴィッチが女セガール化したと思うと感慨深いものがあります。いっそのことずっとやればいいとも思うんですけどね。

参照記事:COLLIDER

<スポンサーリンク>

NewImage.png

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です