アレックス・ガーランド監督最新作にオスカー・アイザックが出演!

アレックス・ガーランドがメガホンを取るSF小説『全域領域』の映画化作品にオスカー・アイザックが出演することが判明。『エクス・マキナ』に続くタッグとなり、ナタリー・ポートマンら女性キャストに加わる。

2015 04 critics film replacement

オスカー・アイザックが『全域領域』の映画化に出演

『ドライブ』や『エンジェル ウォーズ』で脇役として印象に残したのち、2013年の『インサイド・ルーウィン・デイヴィス 名もなき男の歌』に主演し、ついに『スターウォーズ/フォースの覚醒』で本格的なブレイクを果たしたオスカー・アイザック。

『スターウォーズ/フォースの覚醒』同様にオスカー・アイザックにとって重要だった作品がアレックス・ガーランド監督作『エクス・マキナ』だった。人工知能を開発するミステリアスなカリスマ役は、『スターウォーズ/フォースの覚醒』で見せた陽気なパイロットとは正反対の役柄ながらも、独特の存在感を見せつけた。

そしてアレックス・ガーランド監督の次回作『Annihilation』にオスカー・アイザックが出演することが決定し、再びタッグを組むことになった。

豪華女性キャスト陣と共演

NewImage

ジェフ・ヴァンダミア原作の「サザンリーチシリーズ三部作」の一作目となる『全滅領域/Annihilation』では4人の女性キャラクターがメインとなっており、オスカー・アイザックは最初にキャスティングされた男性俳優となる。

早い段階からナタリー・ポートマンの主演が決定しており、続いてジーナ・ロドリゲス、テッサ・トンプソン、そして『ヘイトフル・エイト』のジェニファー・ジェイソン・リーの出演が決定している。

話題の小説を、期待の映画監督が豪華なキャストで映画化する『全滅領域/Annihilation』は2017年の公開を予定している。

なおアレックス・ガーランド監督作、オスカー・アイザック出演の『エクス・マキナ』は2016年6月11日に日本公開が決定しているので、こちらもお見逃しなく。

・アレックス・ガーランド監督作『全滅領域』にジェニファー・ジェイソン・リーが出演か?

・『エクス・マキナ』レビュー「人工知能との言語ゲーム」

[pc]

<スポンサーリンク>

[/pc] [sp]

<スポンサーリンク>

[/sp] NewImage
2015_04_critics_film_replacement.jpg

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です