レジェンダリーがジェニファー・ローレンス主演、アダム・マッケイ監督作『Bad Blood』の映画化権を獲得!

Beagle 2

レジェンダリー・ピクチャーズが『マネーショート』アダム・マッケイ監督が執筆した『Bad Blood』の映画化権を獲得!アダム・マッケイがメガホンを取り、疑惑の女性起業家をジェニファー・ローレンスが演じる!

レジェンダリー・ピクチャーズがアダム・マッケイ監督作でジェニファー・ローレンスが主演する『Bad Blood』を製作することが決定したとDeadlineが報じている。

『マネーショート 華麗なる大逆転』でアカデミー賞脚色賞を受賞したアダム・マッケイが脚本を執筆し監督する予定の『Bad Blood』は、前作同様に実話をベースにした物語で、現在不正疑惑でアメリカを賑わしている医療ベンチャー「セラノス」の実像とその代表で若き女性起業家エリザベス・ホームズの姿を描くことになる。

スタンフォード大学を中退後に若干19歳で「セラノス」を興し「第二のスティーブ・ジョブズ」とまで賞賛されも、現在は転落中のエリザベス・ホームズを演じるのはアカデミー賞女優のジェニファー・ローレンス。

たった一滴の血液で様々な検査が可能になるという発明を謳い文句に、著名な投資家たちから多額の資金を集め、一時は企業価値の1兆円に達した医療ベンチャー「セラノス」だったが、2015年にWSJが「セラノス」の技能テストに不正があったことを指摘したことをきっかけに様々な問題が浮上、今では企業価値もほぼゼロにまで落ち込んでいる。

レジェンダリー・ピクチャーズはアダム・マッケイが執筆した『Bad Blood』の脚本を350万ドルで落札。制作費は4000万から5000万ドルほどを見込んでいる。

またこの脚本のオークションにはレジェンダリー・ピクチャーズのほかにフォックスやワーナー、ワインスタイン、Amazonなども参加しており、期待のほどがうかがえる。

制作費が5000万ドルほどの大人向け実話ドラマという、スタジオが敬遠する大ヒットの見込みが少ない割に宣伝費が高騰するタイプの作品でありながらも、脚本が高騰したことからも当然オスカー狙いの一作となることは間違いないでしょう。

ジェニファー・ローレンスは『JOY』で実在の女性発明家ジョイ・マンガーノを演じアカデミー賞にもノミネートされており、彼女の演技にも注目したい。

<スポンサーリンク>

この記事もチェック!
▶︎ジェニファー・ローレンスが渦中の「全米の小保方さん」ことエリザベス・ホームズを演じる!?
▶︎映画『マネー・ショート 華麗なる大逆転』レビュー
▶︎ジェニファー・ローレンス主演『ジョイ(原題)/JOY』レビュー

beagle-2.png

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です