故アンジェイ・ワイダ監督の遺作『残像』の日本版予告編が解禁!

Afterimage1 1

2016年10月9日急逝した、アンジェイ・ワイダ監督の最新作であり、遺作でもある『残像』の日本版予告編が解禁されました。

アンジェイ・ワイダ監督はワルシャワ蜂起など戦争下の作品を撮り続け、レジスタンスの体験を基にした『世代』(54)、対ソ連の地下抵抗運動を描いた『地下水道』(56)、第2次大戦前後のポーランド社会の流転を描いた『灰とダイヤモンド』(58)などの「抵抗3部作」で国際的な評価を獲得。カンヌ国際映画祭で1981年に最高賞パルムドールを受賞、2000年には米アカデミー賞名誉賞を受賞したポーランド映画の巨匠。

『残像』はポーランド史に残る芸術家の一人であり、社会主義政権の弾圧により人々の記憶から消し去られてしまった画家ヴワディスワフ・ストゥシェミンスキの物語で、ワイダ監督が長年映画にしたいと願っていた作品。

アンジェイ・ワイダ監督作『残像』の予告編

1939年代から、ポーランド構成主義の前衛画家として国内外で高く評価されたほか、非常に優れた教師として学生たちに慕われ、ウッチに世界で2番目となる近代美術館を設立するなど、美術教育に貢献した。人々の生活のあらゆる面を支配しようと目論む全体主義国家が、最も過激な形をとった1949年からの4年間を舞台に、自分の決断を信じ、芸術にすべてをささげた、不屈の男の気高い信念と理想は、いまの不確かな時代にも鮮烈な光を残していく。本作はワイダ監督の死の一か月前、トロント映画祭で世界初上映され、2017年アカデミー外国語映画賞ポーランド代表作品に選ばれている。

あの時代を実体験として知る巨匠からの遺言『残像』は2017年6月10日より岩波ホールほか全国順次公開。

<スポンサーリンク>

Afterimage7

Ⓒ 2016 Akson Studio Sp. z o.o, Telewizja Polska S.A, EC 1 – Łódz Miasto Kultury, Narodowy Instytut Audiowizualny, Festiwal Filmowy Camerimage- Fundacja Tumult All Rights Reserved.

Afterimage1_1.jpg

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です