『ゴジラ』監督のギャレス・エドワーズ最新インタビュー『2014/04/05』

イギリスのゴジラ特設Facebookページ上にギャレス・エドラーズ監督の短いインタビューが公開されました。とても完結に映画監督になった自身の経験を話しています。

関連記事:7月25日公開『ゴジラ』の最新情報

▼『ゴジラ』監督のギャレス・エドワーズのインタビュー▼

「ハリウッドから呼ばれて映画を撮れるようになるために、視覚効果(VFX)を学んで、何とか映画を撮れるようなるまで10年ほどかかったんだ。
 たった1人で映画を作ることには両面あって、誰からも指図されないという利点もあれば、全てを1人で背負わなければならないという欠点もある。やるべきことはたくさんあるし、自分に何が出来るのかを理解するのに時間もかかる。今回のゴジラは特別で、とにかく素晴らしかったのは子供の頃の僕のヒーローで映画を作る上でも多大な影響を受けたものに関われたことだ」

ギャレス監督はBBCやディスカバリーチャンネルでVFXを手がけるなど、若いながらも製作現場の前線を知る存在。今回のゴジラにもそれが活かされていると期待します。

参照記事:SCIFIED

NewImage.png

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です