ジョス・ウェドン、『バットガール』キャスティングについて構想を語る!

Batgirl comics cover 1

DCEU作品として映画化が企画されているバッドガール主役映画『Batgirl』の監督に電撃就任した『アベンジャーズ』や『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』のジョス・ウェドンが、Varietyの取材で誰がバットガールを演じるのか、その構想について語っています。

まだ誰も候補として考えていない。今はキャラクターの構築のために彼女(バットガール)と会話を重ねているところで、誰が演じるのかはまだ先の話だ。(誰か想定している役者はいる?)誰もいないよ。まずどこかでバットガールを見つけてからキャスティングするようなものなんだ。(フレッシュな俳優を求めている?)何もスター俳優を否定しているわけでないけど、ぴったりと合う誰かが必要なんだ。こういった状況では役者の名前は重荷ですらあり、決して決定的なものではない。そんなのはヴィン・ディーゼルで十分だ

ということでジョス・ウェドンはバットガール役に若くてフレッシュな俳優を求めているようです。一部で噂されたクロエ・グレース・モレッツやヘイリー・スタインフェルドのような実績のある若手俳優ではなく、『フォースの覚醒』のデイジー・リドリーのようなスター発掘を目指しているようです。

バットガールは映画『バットマン&ロビン Mr.フリーズの逆襲』ではアルフレッドの姪という設定でアリシア・シルヴァーストーンが演じていたが、これまで単独主役で映画化されたことはなく新しい展開が期待されている。

<スポンサーリンク>

batgirl-comics-cover-1.jpeg