アーロン・スワーツのドキュメンタリー映画、予告編公開。

今年のサンダンス映画祭で公開され、6月27日に全米公開されるアーロン・スワーツの短すぎた人生を追ったドキュメンタリー映画『Internet’s Own Boy』の予告編が公開されました。個人的にはとても関心のある映画です。

▼アーロン・スワーツのドキュメンタリー『Internet’s Own Boy』予告編▼

情報と権力の関係を語ろうとすると、最近ではスノーデンやアサンジばかりが取り上げられるが、最も象徴的な存在はアーロン・スワーツだと思う。理由はアーロンは一度も権力の側に立たなかったこと。有名であるという彼自身の権力さえも行使せず、そして彼は死に至った。

関連記事:アーロン・スワーツの死から一年、情報は解放されたか?

The internets own boy poster1 406x600

この映画の監督ブライアン・ナッペンバーグのサンダンスでのインタビューも公開されています。

日本公開はされないと思いますが、注目してほしい映画です。

<スポンサーリンク>

参照記事: COLLIDER

the-internets-own-boy-poster1-406x600.jpg

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です