ハロルド・ライミスへの追悼コメントが泣かせる。

NewImage

2月24日に亡くなった映画監督で脚本家のハロルド・ライミスへの追悼コメントが続々と寄せられている。脚本家としては『アニマル・ハウス』や『ゴースト・バスターズ』シリーズに関わり、映画監督としては『恋はデジャ・ブ』を、そして俳優としても活躍した人だった。

現在ではジャド・アパトーが得意とするような〈ダメな男〉たちの物語を、70年代後半から描き続けた時代の先駆者。続々と追悼のコメントが寄せられている。

「輝かしく、才能にあふれた最高の友人にして、共同執筆者でもあり、表現者であり先生でもあったハロルド・ライミスが死んでしまったことを知り、深い悲しみにいる。彼が探し続けた答えを見つけたことを祈る。」
                 ーダン・エイクロイド

 

 ハロルドは世界に存在する善き力そのものだった。面白くて、優しくて、そして思慮深い。本当に惜しいよ。
                     ージャック・ブラック

 

私が関わったどんな監督よりも優しく、そして天才だったわ。彼の驚くべき才能は別にしても、彼ほど新聞のパズルを早く解いてしまう人を他に知らないわ。
                        ーアンディ・マクダウェル

 

ハロルド・ライミスとはオフ・ブロードウェイからはじまって、『ミートボール』、『ボールズ・ボールズ』、『ゴースト・バスターズ』、『恋はデジャ・ブ』など様々な作品でともにした。彼はこうしてやっと静けさを手にしたんだ。彼に神のご加護がありますように。
                         ービル・マーレイ

 

ハロルド・ライミスはすべての成功を願うコメディー・ライターにとって輝かしい目標だった。本当に寂しくなるよ。
                            ーセス・マクファーレン

 

友人のハロルド・ライミスの訃報を聞き悲しいよ。最高の俳優であり監督でもあり、素晴らしい夫でもあり父親でもあった。僕らすべてにとって大きな損失だ。
                            ービリー・クリスタル

 

だめだ、だめだよ、ハロルド。何年か前に一緒に働いたけど、彼は本当にスゴい人だった。大人になってみて、彼の作品が僕の人生を変えたことに気がついた。寂しいよ。
                             ージョン・ファブロー

他にもたくさんの彼を心から慕うコメントが寄せられています。

滑稽な男たちの姿を最高に格好良く描く映画人でもあったけど、『恋はデジャ・ブ』ではアンディ・マクダウェルを最高に魅力的な女性として描いてもいる。自分がオークションに出品されたとして誰かに全財産を叩いてでも競り落とされるような男になっているだろうか?

彼の映画には人生において最も重要な“生き方”が描かれている。しかもそれを口うるさい説教のようでなく、笑いながら教えてくれた。本当に素晴らしい映画人だったと思う。

スポンサーリンク

NewImage.png

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です