『デッドプール3』の企画はすでに進行中で、決死の戦闘チーム「X-Force」も登場か!?

Deadpool brianna hildebrand ryan reynolds colossus

『デッドプール3』の企画がすでに進行中で、「2」で出演が決定的なデッドプールの親友ケーブル率いる決死の戦闘集団「X-Force」も登場か!?

低予算でR指定という興行的に不利な点をことごとく逆手にとって大ヒットを記録した『デッドプール』ですが、続編では状況が一変。ティム・ミラー監督は主演でプロデューサーでもあるライアン・レイノルズとの間での意見の相違から降板し、その影響でも音楽担当のジャンキーXLも先日『デッドプール2』への参加を見送る声明を発表しました。

そんな状況のなかでも『デッドプール』シリーズは前に進み続けるようで、THRの報道によるとスタジオはすでにシリーズ3作目となる『デッドプール3』の企画を進行させており、そのなかでデッドプールの親友で「2」での登場が予告されているケーブルが率いる決死のミュータント戦闘集団「X-Force」の登場が検討されているという。

「X-Force」とはミュータント戦闘集団で、何度もメンバーチェンジを重ねているが、デッドプールが在籍していた時期には親友ケーブルのほかにもウルヴァリンや『ファンタスティック・フォー』のヒューマン・トーチなども参加している、超アグレッシブが売りの決死隊。

現在、20世紀フォックスが製作する『デッドプール』を含む『X-MEN』ユニバースは大きな岐路に立っており、ユニバースの支柱である『X-MEN』シリーズの最新作『アポカリプス』は前作から大幅に売り上げを落とし、加えて中心キャラクターだったミスティークを演じるジェニファー・ローレンスの降板、そして前シリーズの象徴だったヒュー・ジャックマンのウルヴァリンと、プロフェッサーXのパトリック・スチュワートの『ローガン』での終演が決定。

チャニング・テイタム主演で映画化が決定するも足踏み状態の『ガンビット』や、青春映画に定評のあるジョシュ・ブーン監督にメガホンを託し若きミュータントの活躍を描く『ニュー・ミュータント』などの『X-MEN』ユニバースの新しい方向性のひとつとして、スタジオは『デッドプール』も期待していることが伺えます。

更なる飛躍を遂げようとする『デッドプール』シリーズですが、まずはケーブルの登場も決定的な『デッドプール2』が楽しみなところ。監督降板など問題を発生していますが、2018年1月12日に全米公開予定です。

x-force-comic-book-cover-second-coming

<スポンサーリンク>

【この記事もチェック!】
▶︎ティム・ミラー監督に続き『デッドプール2』から音楽担当ジャンキーXLも降板!
▶︎『デッドプール』続編からティム・ミラー監督が降板!
▶︎『デッドプール2』新監督候補に『ジョン・ウィック』監督が浮上!

deadpool-brianna-hildebrand-ryan-reynolds-colossus.jpg

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です