全米Box Office:『デッドプール』が3週連続首位獲得、『ゴッズ・オブ・エジプト』は大轟沈!

アカデミーウィークの興行を制したのは又しても『デッドプール』。3週連続となる首位で全米2.85億ドルを突破し、世界興行でも6億ドルを突破しメガヒットを記録中。そして初登場第2位に入った『ゴッズ・オブ・エジプト』は今年最大級の大轟沈を記録!

Gods of egypt

『デッドプール』が3週連続首位

『デッドプール』の勢いは止まることを知りません。公開3週目となるも全米3856館で公開され、3150万ドルを稼ぎ出し2.85億ドルを突破。これはR指定映画としては『アメリカン・スナイパー』(3.5億ドル)、『パッション』(3.7億ドル)に次ぐ歴代3位の成績となります。

また世界興行でもすでに6億ドルを突破し、『X-MEN』シリーズ最大のヒット作『フューチャー&パスト』(7.4億ドル)を超えるかに注目が集まります。ちなみに『デッドプール』は過激な描写のせいで中国やカザフスタンでは公開禁止になっており、記録更新の鍵を握るのは(不名誉ながらも)世界最遅公開となる我が日本国ということになりそうです(ブービーがスペインの2月19日、そして日本公開は6月17日という圧倒的存在感)。

NewImage

『ゴッズ・オブ・エジプト/Gods of Egypt』は記録的なお笑いスタート!

キンキンキラキラなエジプトの神々がお遊びになられるファンタジー大作『ゴッズ・オブ・エジプト/Gods of Egypt』が1.4億ドルという巨額の制作費に対し、公開最初の週末でたった1400万ドルという体を張ったお笑いを提供してくれました。また批評でも酷評の嵐で、ここからの回復の難しいことから制作費の回収も怪しい作品となってしまいました。

公開前エジプトの物語でありながら、出演者のほとんどが白人だったことが問題視された際にはスタジオと監督が異例の謝罪を行うなど、その姿勢には一定の評価が与えられるも、作品そのものの評価はどうしようもなかったようです。

[pc]

<スポンサーリンク>

[/pc] [sp]

<スポンサーリンク>

[/sp]

第5位にはヒュー・ジャックマン、タロン・エガートン共演作がランクイン

そして第5位にはヒュー・ジャックマン、タロン・エガートン共演の実録スポ根映画『Eddie the Eagle』がランクイン。実在のイギリスのスキージャンパーを描いたスポーツ・コメディということで評判は良かったが、アメリカでは馴染みの薄いスキージャンプが題材ということが影響したのかスタートは失敗したようだ。

ランキング表

Box Office Gods of Egypt Flops Deadpool Dominates Collider 1

参照:collider.com/box-office-gods-of-egypt-flop-deadpool/

今週初めて『スターウォーズ/フォースの覚醒』がベスト10から脱落しました。来週はアカデミー賞の結果によっては今週第10位のディカプリオ主演作『レヴェナント:蘇えりし者』もランキングを上げるかもしれません。そして『デッドプール』の快進撃と、『ゴッズ・オブ・エジプト』の大撃沈にも注目です。

gods-of-egypt.jpg

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です