リチャード・リンクレイター監督最新作『Everybody Wants Some』の予告編が公開

Everybody wants some poster 384x600

『6才のボクが、大人になるまで。』のリチャード・リンクレイター監督最新作『Everybody Wants Some』の予告編が公開されました。1980年代を舞台に、大学野球選手たちの青春を描くコメディとなっています。

『Everybody Wants Some』の予告編

1980年代のアメリカの大学野球選手の青春を描くコメディ映画で、タイトルは1980年のヴァン・ヘイレンの曲が使われています。

[pc]

<スポンサーリンク>

[/pc] [sp]

<スポンサーリンク>

[/sp]

『バッド・チューニング』の続編?

リンクレイター監督の長編2作目で1993年公開の『バッド・チューニング』は1970年代のテキサスの高校を舞台にした青春映画の傑作です。新入生と上級生という上下関係の過激さを描きながらも、それぞれの階層的な悩みも平等に描いた作品で、マシュー・マコノヒーが出演した最初の映画としても有名です。

そしてそのオリジナルタイトルは『Dazed and Confused』といい1970年代の代表的ロックバンド「レッド・ツェッペリン」の曲が使用されています。

本作『Everybody Wants Some』では舞台を1980年代に移し、大学野球部の上下関係を描き、そしてヴァン・ヘイレイの曲をタイトルに使用していることで、ストーリー面の関係はなくとも精神面で『バッド・チューニング』の続編と言えそうです。

出演はウィル・ブリテイン、ゾーイ・ダッチ、ライアン・アンソニー・グズマン、タイラー・ホークリン、ブレイク・ジェン ナーなど。

2016年4月15日に全米公開予定です。これも要チェックです。

everybody-wants-some-poster-384x600.jpg

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です