Q・タランティーノ監督の2015年のベスト映画は『マッドマックス/怒りのデス・ロード』!

O QUENTIN TARANTINO facebook

クエンティン・タランティーノ監督が最新作『ヘイトフル・エイト』のプレミア会場にて、2015年のベスト映画として『マッドマックス/怒りのデス・ロード』を挙げました。わざわざ35mmフィルムを手に入れ自宅鑑賞を行ったようです。

Q・タランティーノが選ぶ本年度ベスト映画は『マッドマックス/怒りのデス・ロード』

毎年恒例となっているクエンティン・タランティーノ監督が選ぶベスト映画発表も、昨年に続き今年も最新作『ヘイトフル・エイト/The Hateful Eight』の完成に伴う多忙のために発表されていません。監督自身が最新作の準備に忙しく今年はあまりたくさんの映画を見られていないのでしょう。

そんななかタランティーノ監督はインタビューで、今年見た作品のなかでベストな作品は?という質問に、『マッドマックス/怒りのデス・ロード』だと答えてくれました。しかも35mmフィルムまで仕入れていたのだそうです。

『マッドマックス』の35mmフィルムを手に入れて週末に自宅で見たんだけど、結局3回も繰り返したよ。でも実はこの映画を見るにはためらいもあったんだ。「メル・ギブソン抜きのマッドマックスだって?冗談だろ!メル・ギブソンが存在するこの世界でどうしてトム・ハーディを受け入れられる?」ていう感じだったんだ。でも映画を実際に見ると、「OK、こりゃすごいわ」と魅了されてしまったことを認めざるを得ないね。

ちなみに『マッドマックス/怒りのデス・ロード』以前は、タランティーノは2015年のお気に入り映画として『キングスマン』と『イット・フォロー』の2作をインタビューで明かしていました。

[pc]

<スポンサーリンク>

[/pc] [sp]

<スポンサーリンク>

[/sp]

ちなみに2013年のタランティーノ監督が選ぶベスト10は下の記事を御覧ください。

参照:collider.com/mad-max-fury-road-best-film-of-2015-quentin-tarantino/

o-QUENTIN-TARANTINO-facebook.jpg

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です