ハリウッド版マクロス『ロボテック』の監督に『ワイルド・スピード7』のジェームズ・ワンを起用か!?

『マクロス』などのタツノコプロのアニメを合体させアメリカで放映された『ロボテック』のハリウッド実写映画の監督に、『ワイルド・スピード SKY MISSION』のジェームズ・ワンを起用か!?

NewImage

ハリウッド版マクロスとも云うべき『ロボテック』は1980年代にアメリカで放映されたアニメで、日本のタツノコプロの『マクロス』など3作を一つの世界観につなげたシリーズとして人気を博した。そして先日、その映画化権がソニーへと移り、『300』などのプロデューサーらによって企画を進められている。

そしてソニーは企画の初期段階でありながらも、大ヒットを記録中の『ワイルド・スピード SKY MISSION』の監督であるジェームズ・ワンを起用したい意向を持っていることが報じられた。

しかしジェームズ・ワンは今やハリウッドで引っ張りだこの監督。今年の秋からは『死霊館』の続編を撮影する予定であり、まだ発表はされていないながらも当然『ワイルド・スピード8』でも監督を依頼されるだろう。そしてワーナーの『アクアマン』でも監督候補に挙げられており、そのなかに『ロボテック』が割って入るのは簡単なことではなさそう。

『ロボテック』は日本の『超時空要塞マクロス』と『超時空騎団サザンクロス』と『機甲創世記モスピーダ』の3作品を再編集した作品だけに映画化となればシリーズ化することが予想されており、監督選びは慎重に行われると思われる。

1980年代に少年時代を過ごしたアメリカ人の多くが知っているコンテンツだけに期待したい。

[pc]

<スポンサーリンク>

[/pc] [sp]

<スポンサーリンク>

[/sp]

参照記事:COLLIDER

NewImage.png

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です