オリバー・ストーン監督ジョセフ・ゴードン=レヴィット主演でNSAの内部告発を描く『スノーデン』の写真が公開!

オリバー・ストーン監督最新作、ジョセフ・ゴードン=レヴィットがNSAの秘密文書を暴露したエドワード・スノーデンを演じる『スノーデン』のイメージが公開!

NewImage

オリバー・ストーン監督最新作『スノーデン』で、主演のジョセフ・ゴードン=レヴィットのイメージが初公開されました。ジョセフ・ゴードン=レヴィットが演じるのはNSAの内部資料を暴露したエドワード・スノーデン。今年のアカデミー賞では彼の行為にスポットを当てた『Citizenfour』がドキュメンタリー賞を受賞するなど、世紀の暴露から2年を迎えようとするなか、続けて作品化されています。

▼ジョセフ・ゴードン=レヴィット主演、オリバー・ストーン監督最新作『スノーデン』▼

NewImage

スノーデン氏がもともとは合衆国軍に志願入隊し、イラク戦争への派遣を自ら志願するほどに意欲的な兵士であったことを物語ようなイメージとなっています。ただちょっと気になるのが、このジョセフ・ゴードン=レヴィットの姿はエドワード・スノーデンというよりも若い頃のオリバー・ストーンにそっくり。ベトナム帰還兵でもある監督自身をスノーデンに重ねているのでしょうか。

その評価を巡っては未だに論争されるエドワード・スノーデンの内部告発ですが、ドキュメンタリーの『Citizenfour』に関しては彼の行為の無批判に賞賛しているという批判もありました。オリバー・ストーンはアメリカ最大の問題児であり重要人物でもあるエドワード・スノーデンをどのように描くのでしょう。

共演は今話題のシェイリーン・ウッドリーやメリッサ・レオ、そしてニコラス・ケイジなど。

オリバー・ストーン監督最新作『スノーデン』は2015年12月25日全米公開予定です。

<スポンサーリンク>

参照記事:COLLIDER

NewImage.png

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です