カリフォルニアの発明家が作ったキャンピング・カーがハンパない!【男の夢】

旅をすること。そして自分の城を持つこと。どちらも男の夢であるが、厳密にこの二つを同時に叶えることは不可能だとされてきた。

が、しかし、カリフォルニアの61歳になる発明家の男性が四歳の娘のために作り上げた『旅する城』キャンピング・ヴァンは半端なくスゴかった。男の夢が全部詰まっている。

NewImage

カリフォルニア在住のブラン・フェレン氏はこれまでゼネラル・モーターズやインテル、米国空軍などでも開発に携わってきたクリエーターで、娘が生まれたことを機にして世界中を旅できるキャンピング・ヴァンの開発に着手。4年の歳月と巨額の資金を投入した、夢のキャンピング・ヴァンがこのほど完成した。これがロマンの塊であった。

ちょっと内部を覗いてみよう。

              ▼オフィス完備▼

NewImage

      ▼カスタム・メイドのコックピット。22台のカメラが死角を映している▼

NewImage

     ▼広々としてキッチンとリビング▼

NewImage NewImage

     ▼娘の名前から付けられたこの『キラ・ヴァン』号はなんと45度の傾斜もへっちゃら▼

NewImage

     ▼また3000キロ以上の無補給にも耐え、こんな悪路も乗り越える▼

NewImage

     ▼屋根にはびっしりと通信機器が並んでいる▼

NewImage

     ▼まさに夢の「走る城」です▼

NewImage

この巨体にも関わらず、沼地や荒れ地の走行も可能で、シートを衝撃に耐えるために特殊開発されており、なんと後方部にはバイクまで配備しているという優れもの。お金だけでは作れない、製作者の夢が詰まった一台です。

こういうのは素直に羨ましいなと思います。

<スポンサーリンク>

参照記事:Mail Online

NewImage.png

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です