『沈黙 -サイレンス-』から日本版オリジナル予告編が公開!

silence-04624l-2

Copyright (c) 2016 FM Films, LLC. All Rights Reserved.

マーティン・スコセッシ監督最新作『沈黙 -サイレンス-』から日本オリジナル予告編が解禁!「初めて原作を読んだあの日から28年、ずっとこの作品のことを考えてきました」

マーティン・スコセッシ監督がこの映画にかける想いのメッセージで幕をあける『沈黙 -サイレンス-』の日本版予告編が公開となりました。これまでのアメリカ版予告編には登場していない、塚本晋也監督が演じるモキチが荒波のなかで「水磔(すいたく)」と呼ばれる潮の満ち引きを利用した拷問を受けるショッキングな場面からはじまる日本オリジナルの予告編。

なぜ彼らは神に救われることなく、苦しまねばならないのか。

パードレ、どうかお助けを。弱い者はどうすれば?

『沈黙 -サイレンス-』日本オリジナル予告編

『沈黙 -サイレンス-』場面写真

silence-04624l

Copyright (c) 2016 FM Films, LLC. All Rights Reserved.

silence-01711l

Copyright (c) 2016 FM Films, LLC. All Rights Reserved.

キリシタン弾圧下の長崎にたどり着いたアンドリュー・ガーフィールド演じる宣教師ロドリゴは、救わねばならないはずの民衆から救われ、そして神を信じるがゆえに捕らえられる。

そして浅野忠信演じる通辞からは「悩むことはない“転ぶ”のだ。お前が転ばぬ限り犠牲がでる」と民衆のために棄教することを迫られる。

救済のための信仰によって増え続ける犠牲を前に、ロドリゴはどうするのか?

ハリウッドと日本の最高スタッフの手により「人間にとって本当に大切なものとは何か」を壮大な映像で問いかける歴史大作。

主演のアンドリュー・ガーフィールドを筆頭に、アダム・ドライバー、リーアム・ニーソン、日本からは窪塚洋介、浅野忠信、イッセー尾形、塚本晋也、小松菜奈、加瀬亮、笈田ヨシら、日米の実力派キャストが集結。

マーティン・スコセッシ監督作『沈黙-サイレンス-』は2017年1月21日から日本公開

<スポンサーリンク>

SilenceJapanPoster.jpg

Copyright (c) 2016 FM Films, LLC. All Rights Reserved.

silence-04624l-2

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です