スカーレット・ヨハンソン主演『攻殻機動隊』は2016年撮影スタート!

スカーレット・ヨハンソンが草薙素子を演じるハリウッド版『攻殻機動隊/GHOST IN THE SHELL』の撮影は2016年初頭からスタート!スカジョが明かす。

NewImage

これまで女性主演の大作映画が少なかったハリウッドだが、マーベルとワーナーが『キャプテン・マーベル』と『ワンダー・ウーマン』というアメコミ原作の大作女性主役映画に乗り出す中、日本原産の近未来SF『攻殻機動隊/GHOST IN THE SHELL』のハリウッド実写化も決定。主演にはスカーレット・ヨハンソン。『アベンジャーズ2』でプロモーション中の彼女の口から、撮影は2016年初頭から開始される見込みであることが告げられた。

企画進行中よ。きっと来年の初めには撮影が開始されるわ。私が知っていることといえば、撮影開始が1月か2月で、主演は私で監督がルパート・サンダーズということくらいね。

『攻殻機動隊』のハリウッド実写リメイクも長く企画状態のまま停滞していたが、今回は本当に動き出すことで間違いない模様。この実写リメイクの出来次第では『AKIRA』などの企画も一気に再始動する可能性を秘めており、注目していきたい。

[pc]

<スポンサーリンク>

[/pc] [sp]

<スポンサーリンク>

[/sp]

参照記事:COLLIDER

NewImage.png

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です