ジェシー・アイゼンバーグ、スーパーマンの宿敵レックス・ルーサー役について語る。

ジェシー・アイゼンバーグが『バットマン v スーパーマン』で演じる悪役レックス・ルーサーについて語る。「彼は単純な悪役ではなく、深い感情を持っている」

Batman v superman jesse eisenberg lex luthor 480x600

2016年3月全米公開予定の話題作『バットマン v スーパーマン: ドーン・オブ・ジャスティス』にスーパーマンの宿敵レックス・ルーサー役で出演するジェシー・アイゼンバーグがMTVのインタビューで、その役柄について語っています。

MTV:レックス・ルーサーは悪役のアイコンのような存在だが、演じるのは大きな挑戦だった?

J・E(ジェシー・アイゼンバーグ):そうだね、挑戦というよりはこんな素晴らしいキャラクターを演じる大きなチャンスに恵まれたと思っている。クリス・テリオ(脚本家)によって描かれたキャラ設定は、彼自身もそして僕も愛さずにはいられないもので、そこではレックスは感情の核という言うべきものを持った存在で、ただの安っぽい悪役とは訳が違うんだ。

MTV:過去にはレックス役はジーン・ハックマンも演じていて僕は大好きなんだけど、意識して違いを作ろうとしているの?

J・E:全く違うものと考えているよ。というのも『スーパーマン』のトーンは、今の映画ではなかなか見られないものだからね。だから今作られる映画に関しては、なんというか、心理学的な精密さみたいなものがあると思うんだ。だからこのキャラはより深い分析が可能だと思う。

簡単な意訳を添えましたが、ジェシー・アイゼンバーグは見るからに普通の冴えない青年という感じで好感が持てます。また話し方も早口で神経質そう。ちなみに映像では隣にジェイソン・シーゲルがいますが、新作の『The End of the Tour』のプロモーションで行われたインタビューだと思われます。

本題に戻ると、レックス・ルーサーは悪役としてはバットマンにとってのジョーカーみたいなもので、スーパーマンとは切っても入れない存在ですので、ジェシー・アイゼンバーグの演技は作品の可否に大きく関わってくることでしょう。今後予告編でもレックス・ルーサーの姿が見られることと思いますが、ベン・アフレックのバットマン同様にジェシー・アイゼンバーグのレックス・ルーサーも見逃せません。

『バットマン v スーパーマン: ドーン・オブ・ジャスティス』は2016年3月25日全米公開予定です。楽しみに待ちましょう。

[pc] [ad#ad-pc] [/pc] [sp] [ad#ad-sp] [/sp]

参照記事:THE PLAYLIST

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です