マーティン・スコセッシ監督作『沈黙-サイレンス-』、オスカー狙いの全米公開日が決定!

NewImage

『沈黙-サイレンス-』2017年全国ロードショー 配給:KADOKAWA Photo Credit Kerry Brown

マーティン・スコセッシ監督作、遠藤周作原作『沈黙-サイレンス-』が、来年のオスカーに照準を定めた12月23日に全米限定公開開始され、2017年1月より一般公開!

『ウルフ・オブ・ウォールストリート』でも衰えない創作意欲を見せた巨匠マーティン・スコセッシ監督最新作にして、原作は遠藤周作による戦後日本文学の代表作のひとつでもある『沈黙-サイレンス-』の全米公開スケジュールが決定しました。

まずオスカーへの候補規定をクリアするために2016年12月23日により限定公開が開始され、翌年の1月には拡大公開される予定。今年の映画賞レースの目玉のひとつでもある『沈黙-サイレンス-』が、これで本格的にオスカーレースに名乗りを上げた格好です。

映画の公開まで3ヶ月となったところでの公開日の決定からもわかるように、『沈黙-サイレンス-』は決して順風満帆に制作が進行した作品ではなく、資金調達から難航し、2009年と2011年にも製作開始の情報がとりだたされたがスケジュールが決定せずに、一時は出演が決定していた渡辺謙が降板を余儀なくされるなどしているが、これで本当の完成となりそう。

マーティン・スコセッシの作家性において重要な意味を持つ「信仰」を真正面から描く、巨匠の集大成であるだけにこれは必見です。

17世紀江戸初期の日本を舞台に、激しいキリシタン弾圧のなかで棄教したと噂される師の真実を確かめるべく日本にたどり着いた宣教師の困難を描く『沈黙-サイレンス-』には日米から最高のキャストとスタッフが結集した話題作。出演は『アメイジング・スパイダーマン』のアンドリュー・ガーフィールド『シンドラーのリスト』のリーアム・ニーソン『スターウォーズ/フォースの覚醒』のアダム・ドライバー。そして日本からは窪塚洋介、浅野忠信、イッセー尾形、塚本晋也、小松菜奈、加瀬亮、笈田ヨシら実力派が集結。

マーティン・スコセッシ監督作、遠藤周作原作『沈黙-サイレンス-』は2016年12月23日より全米限定公開開始。

<スポンサーリンク>

【この記事もチェック!】
▶︎マーティン・スコセッシ監督最新作『沈黙-サイレンス-』の日本公開が2017年に決定!
▶︎トロント国際映画祭、『ラ・ラ・ランド(原題)/La La Land』が最高賞を受賞!
▶︎ジャレッド・レト、伝記映画でアンディ・ウォーホルを演じる!

NewImage.png

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です