『沈黙 -サイレンス-』窪塚洋介、浅野忠信、イッセー尾形が記者会見「なぜ神は沈黙するのか?」

YAA 0057

『沈黙 -サイレンス-』に出演する窪塚洋介、浅野忠信、イッセー尾形が登場した日本外国特派員協会での記者会見の模様をレポート!

『タクシー・ドライバー』の巨匠マーティン・スコセッシ監督が遠藤周作原作小説を完全映画化する『沈黙 -サイレンス-』の日本公開が2017年1月21日に迫る中、窪塚洋介、浅野忠信、イッセー尾形の日本人キャストが日本外国特派員協会の記者会見に登場しました。

会見の最初には、アンドリュー・ガーフィールド演じるロドリゴに棄教を迫る通辞(通訳)役の浅野忠信が「通訳の役柄ですが、今日は日本語でお願いします」と笑いを誘うと、キチジロー役を演じる窪塚洋介は「踏み絵マスター(劇中、何度も踏み絵を踏む役どころから)のキチジローです!」とさらに盛り上げる。

YAA 0395

劇中ではキリシタン弾圧下の長崎で棄教に至ったというリーアム・ニーソン演じるフェレイラの真相を確かめるべく日本に上陸したロドリゴの苦難を通して、神の声を求め続ける人間の根源的弱さが描かれる。物語上は悪役となる井上筑後守を演じたイッセー尾形は「井上はすべて台本に書かれていた。神や信仰心が天空的だとしたら、井上は地上にしがみついている男です」とその役柄を説明。

そしてロドリゴの通訳として棄教を迫る通辞役の浅野忠信も「悪役とは思わず、むしろ共感していた。ロドリゴと井上筑後守との間に挟まれ、漫才のボケとツッコミを例えながら、巧みな突っ込みだと解釈した」と独特の解釈を見せた。

YAA 0079

窪塚洋介は「弱く醜く狡く、そして汚い人間で、強さと弱さが表裏一体の人物。自分との懸け橋は彼のイノセントさだったのでは」と語った。そして原作小説と映画の違いについては「一番違うのは最後のロドリゴの場面です。スコセッシ監督が書き加えた原作にはない場面が原作の力を最大限にアピールするラストだと思う」として原作小説にはないシーンが盛り込まれていることも示唆した。

YAA 0445のコピー

また全米での評価も高くアカデミー賞への期待がかかっていることについて、浅野忠信は作品のテーマと重ね、「選ばれると思っています。もしこれで選ばれないような事があるとしたら、それはおそらく神様が選考委員に余計なことを言ったということでしょう」と答えた。

そして会見の最後窪塚洋介が巨匠マーティン・スコセッシについて「こんな僕にも『ニューヨークに来たらウチに遊びにおいで』と2回も言ってくれたんです。実際にニューヨークに行った時にマネージャーにメールしたら、見事に返事は帰ってきませんでした」と語り、会見の最後を笑いで締めてくれた。

日本でのプレミア上映に合わせてマーティン・スコセッシ監督も再来日することが決定している『沈黙 -サイレンス-』は2017年1月21日より全国ロードショー。

<スポンサーリンク>

YAA 0745
YAA_0057.JPG

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です