ディズニー実写版『くるみ割り人形』に黒人女性プリマのミスティ・コープランドが出演!

La et mn misty copeland doc 20151022

ディズニーが実写映画化する『くるみ割り人形』にアフリカ系女性ダンサーとしては初のプリシパルとなったミスティ・コープランドの出演が決定!

アフリカ系女性ダンサーとして初めとなるプリンシパルに昇格したバレリーナのミスティ・コープランドが、ディズニー実写版『くるみ割り人形』に出演することが決定した。彼女は2015年にはTIME誌が選ぶ「世界で最も影響力のある100人」にも選ばれ、日本のテレビでも紹介され話題になった。

ミスティ・コープランドが演じる役柄の詳細に関しては明かされていないものの、彼女のSNSにディズニーが実写化する『The Nutcracker and the Four Realms(原題)』の脚本をアップし、その作品に参加することの喜びを伝えている。

I’m thrilled to be a part of this amazing project with Disney and the wonderful Lasse Hallstrom. #TheNutcracker #MoreToCome

Misty Copelandさん(@mistyonpointe)が投稿した写真 -2016 7月 13 8:59午前 PDT


『The Nutcracker and the Four Realms(原題)』は『ギルバート・グレイプ』や『ショコラ』のラッセ・ハルストレム監督がメガホンを取ることが決定しているが、公開日など詳細は未定。

ミスティ・コープランドは1982年生まれ。ミズーリ州の裕福ではない母子家庭に育った彼女は13歳からバレエをはじめ、2000年に名門バレエ団アメリカン・バレエ・シアターに入団、2007年にソリストになると、2015年6月30日にアフリカ系女性バレリーナとしては初のプリンシパルに選出される。

2009年にはプリンスがカバーした「Crimson and Clover」のPVにも出演し、即興でのダンスを披露し話題になった。

この記事もチェック!
▶︎エマ・ワトソン主演ディズニー実写版『美女と野獣』の特報が公開!
▶︎ディズニーが『マレフィセント2』の他に8本もの新作製作を発表!
▶︎ディズニーランドに建設予定「スター・ウォーズ・ランド」の最新コンセプトアートが公開!

<スポンサーリンク>

la-et-mn-misty-copeland-doc-20151022.jpg

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です