マーティン・スコセッシ監督作『沈黙 -サイレンス-』の上映時間が判明!

The wolf of wall street martin scorsese

遠藤周作原作小説をマーティン・スコセッシ監督が映画化する『沈黙 -サイレンス-』の上映時間が2時間39分になることが判明! 一時は3時間を超えると言われるもスコセッシ本人が大胆に編集した模様!!

来年のアカデミー賞にも期待がかかるマーティン・スコセッシ監督最新作『沈黙 -サイレンス-』の上映時間が2時間39分になることを本作のプロデューサーであるアーウィン・ウィンクラーがDeadlineとのインタビューで明かしてくれました。

遠藤周作の小説『沈黙』の映画化で、マーティン・スコセッシにとっては四半世紀にわたる念願だった本企画は当初3時間を超えるとも言われていたが、本人が大幅にカットした模様。

またプロデューサーのアーウィン・ウィンクラーによれば『沈黙 -サイレンス-』は「マーティンの最高傑作」だという。本作のプロデューサーという立場を差し引いても、彼は『レイジング・ブル』『グッド・フェローズ』そして『ウルフ・オブ・ウォールストリート』というスコセッシ作品を担当してきた人物だけに、期待してしまう。

マーティン・スコセッシ監督作『沈黙 -サイレンス-』は2016年12月23日に全米で限定公開される。

<スポンサーリンク>

【この記事もチェック!】
▶︎マーティン・スコセッシ監督最新作『沈黙-サイレンス-』の日本公開が2017年に決定!
▶︎中国ワンダグループが建設中の超巨大スタジオ初撮影作品は『パシリム2』と『ゴジラ2』に決定!
▶︎アン・リー監督最新作『ビリー・リンの永遠の一日』から映像革新を目指す舞台裏映像が公開!

the-wolf-of-wall-street-martin-scorsese.jpg

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です