『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』再撮影の理由が判明!

Rogue one a star wars story image

ギャレス・エドワーズ監督作『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』がスタジオ側から追加での再撮影を命じられたことについて、その理由が判明!「トーンが戦争映画のよう」

『ゴジラ』のギャレス・エドワーズ監督作で『スターウォーズ』シリーズのスピンオフ映画となる『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』が再撮影を行うことについての理由が明らかになりました。関係者がThe Hollywood Reporterに語ったこととして、ほとんどのキャストとギャレス・エドワーズ監督が再び結集して7月中旬に別のシーンを追加で撮影するという。

その経緯についても、スタジオ内でテスト試写を行った結果、それが「クラシック」な『スターウォーズ』のトーンとは似つかわしくない戦争映画のようなものだったことに関係者が難色を示したためだという理由が明らかに。

つまり再撮影の目的は、作品を明るくするためにストーリーに軽快さを持ち込み、冒険活劇としての雰囲気を修正することだという。

本作は『新たなる希望』の始まりへと導く作品だからこそ、トーンを合わせる必要がある

また噂では先日アルデン・エーレンライクに決定した若き日のハン・ソロも『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』に登場するのではと言われており、この機会に撮影される可能性もある。

追加撮影や再撮影は大作映画では珍しいことではないが、作品のトーンそのものを変えるとなるとなかなか大規模なオペになるかのしれない。

『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』は『スターウォーズ エピソード4』の前日譚でデス・スターの設計図強奪計画に加わったレジスタンスたちの戦いを描く。主演は『博士の彼女のセオリー』のフェリシティ・ジョーンズで、マッツ・ミケルセン、ベン・メンデルスゾーン、フォレスト・ウィテカー、そしてドニー・イェンらも出演。

ギャレス・エドワーズ監督作『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』は2016年12月16日に日米同時公開予定

この記事もチェック!
▶︎『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』が再撮影か!?
▶︎『ローグ・ワン/スターウォーズ・ストーリー』主要キャラの名前などが判明!
▶︎若き日のハン・ソロ役が『ヘイル、シーザー!』のアルデン・エーレンライクに決定!
▶︎ 『スターウォーズ』関連の最新情報一覧

[pc] [ad#ad-pc] [/pc] [sp] [ad#ad-sp] [/sp]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です